リース・ファイナンスのニーズに的確に応えるパートナーでありたい

リース・ファイナンスのニーズに的確に応えるパートナーでありたい

今日ご紹介する寺嶋さんは、入社3年目ながら多くのお客さまの案件に関わり、“スピード命” で日々、担当地域を駆け回っている営業マン。

寺嶋さんが所属するのは、ファイナンス事業を担う企業として30年以上にわたり、クレジット・リースなどのファイナンス事業や保険代理店事業など、さまざまなサービスを提供する大阪ガスファイナンス。 関西圏の一般企業や病院、福祉施設、公共関係のお客さまに、空調やコージェネレーション設備、太陽光発電設備やLED照明など、エネルギー・省エネ分野の商材を中心にリース・ファイナンスを提案しています。「お客さまのニーズは案件により異なるため、何度も現場に足を運び、詳細にヒアリングを重ね、最適な解決策を考えて提案をしています」と、寺嶋さんは熱く語ります。

そんな寺嶋さんが、Daigasグループの3つのマインドのなかで大切にしているのは『お客さま起点』。
「お客さまは総務や経理、代表の方など責任のある方が多いため、ファイナンスについての知見はもちろん、機器や経営についても幅広い知識が求められます。 一度のご提案で、形態や期間といった契約内容を決めていただけるように、分かりやすい説明と資料作りを心がけています」と語ってくれました。

プライベートについて聞くと、社会人になってゴルフを始めたそうで、2週間に1度は友人と練習しているとのこと。「生涯を通し、長くプレーできるスポーツだと思うので、楽しんで続けていきたいです。 当面の目標スコアは、“100” を切ること」と、笑顔を見せてくれました。

これからも『大阪ガス通信』ではさまざまなフィールドでの事業紹介や、関西にとどまらず、海外や日本全国に広がるグループ会社の取り組みなど「こんなとこにも!?」というグループの活動をお届けしてまいります☆ どうぞお楽しみに!

大阪ガスファイナンス

業務やプライベートの様子

2020年1月30日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る