次世代につなぐ『防災&減災フォーラム』を開催☆

間違い探しをしながら、防災について学ぶ

1月12日、産経新聞社さま、積水ハウスさまと共催で、大阪ガスのショールーム「hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)」にて、『防災&減災フォーラム』と、『防災クッキング』を開催しました! 子どもたちに体験を通じて、災害への準備や対策について考え、身に付けてもらうプロジェクトです。

防災&震災フォーラムでは、2019年9月と10月に行われた「防災キッズ育成サポートプロジェクト」の体験報告会、防災プログラム「考える教室」などをご紹介しました。 また特別講演として、気象予報士の正木明氏に「生命を守る天気情報」、京都大学防災研究所教授の矢守克也氏に「平成の災害に学ぶ災害への備え」を、お話しいただきました。
防災クッキングでは、鍋を使った炊飯や、水を使わずに作れる『サバイバル鍋』の調理体験を行いました!

参加した子どもたちからは、「災害のとき、どう避難すればいいかがよくわかった」、「楽しかったけど、ちょっとだけ怖いと思った」などの感想をいただきました。

これからも大阪ガスは、防災教育・環境教育・食育活動等を通じて、『健やかな次世代の育成』『地域社会への貢献』に努めてまいります。

考える防災教室はこちら

防災&震災フォーラムの様子

2020年1月28日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る