ノーベル化学賞受賞 吉野先生も提唱

ノーベル化学賞受賞 吉野先生も提唱

『技術&グローバル』サイトから、本日ご紹介する記事は…
「リチウムイオン電池開発の最先端で “ET革命” 実現の一端を担う」

多分野で技術課題に関する受託研究(※)を手がけるDaigasグループのKRI。
そのKRIの特別顧問で、旭化成名誉フェローの吉野彰先生が、2019年のノーベル化学賞を受賞されました。 吉野先生は、大気中のCO2濃度増加の問題を解決するのは、「電池が起こすエネルギー革命」、すなわち「Energy & Environment Technology(ET)革命」だと説かれています。

吉野先生の提唱する「ET革命」とは? そして、その革命の実現に向けてKRIが果たすべき役割とは…?

今回、KRI・エネルギー変換研究部のキーマンとなるお2人に、吉野先生とKRIのつながりや、これからの取り組みなど、詳しく話を聞きました。 ぜひご覧ください☆

※受託研究とは…お客さまの研究開発や技術課題でのお困りごとに対し、研究開発や調査を受託して、その解決方法の提案や検証を行うもの。

2019年12月12日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る