米国テキサス州で天然ガス液化プラントの商業運転開始

米国テキサス州で天然ガス液化プラントの商業運転開始

大阪ガスとJERAがFLNGリクイファクション社を通じて参画している、米国テキサス州におけるフリーポートLNGプロジェクトは、最終投資決定から約5年を経て、米国時間12月8日に商業運転を開始しました!

本プロジェクトは、米国のガス市場から調達した天然ガスを輸出用に液化加工するもので、フリーポート社がオペレーターとして推進しているLNGプロジェクトです。 今後は、大阪ガスとJERAとで、それぞれ年間約232万トンのLNGを引き取る予定です。

両社は、2014年の参画以降、プロジェクトの立ち上げに貢献してきました。さらに今後のプロジェクト運営により得られる知見を、LNGビジネスの拡大に活かしていきます。

また、大阪ガスは、本プロジェクトの調達を通じて、仕向地制限のないLNGを確保するとともに、供給ソースの分散化や価格指標の多様化を進め、安定的かつ柔軟なLNG調達に努めてまいります。

プレスリリースはこちらから

プラント工事完了を祝うセレモニー

2019年12月16日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る