防災科学技術研究所と協定を締結

防災科学技術研究所と協定を締結

6月18日、防災科学技術研究所(以下「防災科研」)さまと大阪ガスは、災害時の情報連携による防災科学技術の水準の向上と、災害に強い社会の実現を目指す包括的連携に関する協定を締結しました。

昨年の6月18日に発生した大阪府北部地震の際には、大阪ガスがインターネットに公開した復旧状況のデジタル地図情報に、防災科研さまなどが避難所などの地図情報を重ね合わせて災害対応支援地図を作成。 作成された地図は、災害時に活動する機関に共有され、自衛隊の入浴支援などに活用されていました!

この事例を踏まえ、官民協働での災害時における被害情報、災害情報などの共有および利活用に関する連携協力・研究開発を進めるため、協定を締結しました。

大阪ガスは、今後も防災科研さまとの連携分野をさらに拡大し、防災科学技術の水準の向上と災害に強い社会の実現に貢献していきます!

プレスリリースはこちら

2019年7月18日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る