大阪ガスのシミュレーション技術☆

大阪ガスのシミュレーション技術☆

大阪ガスの『技術&グローバル』サイトから、本日ご紹介する記事は…
「エネルギー事業者が手がけるシミュレーション技術の可能性」

和歌山県西部の山間部に、点々と並ぶ13基の風車 ―
2018年に稼働したこの “印南風力発電所” を建設するにあたっては、大阪ガス・エネルギー技術研究所のシミュレーションチームが、“風の予測技術” と、“気象データの解析技術” を融合した「風況シミュレーション技術」を用いて、今後20年間の発電量を予測し、土地の評価や風車の配置場所などの検討に大きく貢献しました☆

風力発電所の建設予定地にどのような風が吹き、どれくらい発電するかを予測したシミュレーション技術とは…? ぜひページでご覧ください☆

2019年2月7日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る