大阪ガスグループの木材保護塗料が、採用したい建材・設備メーカーランキング1位に!

大阪ガスグループの木材保護塗料が、採用したい建材・設備メーカーランキング1位に!

活性炭・保存剤事業を行う、大阪ガスグループの日本エンバイロケミカルズ(株)が製造・販売している木材保護塗料「キシラデコール」が、「採用したい建材・設備メーカーランキング2013」(調査:日経BP社)の「木材保護塗料分野」で1位を獲得しました!(写真:日本エンバイロケミカルズ(株) 藤原正隆社長)

今回で、プロフェッショナルが選ぶ建築情報誌「日経アーキテクチュア」では8年連続1位、住宅建設技術者のための実務情報誌「日経ホームビルダー」でも2年連続1位を獲得しました。
各誌が調査を開始した初回から、これまでずっとトップを守り続けています(^^)

「キシラデコール」は、発売以来40年の実績をもつ木材保護塗料で、日光や風雨に強く、長期間木材を保護できるという特徴があります。木材に浸透することで木の通気性を保ち、木の呼吸を妨げずに、内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮します!

一般住宅はもちろん、熊本城などの歴史的建造物や、京都水族館など多くの施設の美観保護、維持補修に使用されています(・v・)

日本エンバイロケミカルズ(株)はこれからも、「キシラデコール」をはじめとする高品質の木材保護塗料の販売を通じて、人と自然とのさらなる共生に向けた環境づくりに貢献して参ります!

>>木材保護塗料「キシラデコール」について詳しくはこちら
※外部サイトへ移動します。

2014年2月20日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る