「おいしさ」の仕組みを科学的に検証!「おいしさLabo(ラボ)」オープン☆

「おいしさ」の仕組みを科学的に検証!「おいしさLabo(ラボ)」オープン☆

おいしさの仕組みや、健康的な調理について科学的に検証するホームページ「おいしさ・健康調理ラボラトリー(通称:おいしさLabo)」がオープンしました☆

食材は、ガス火などで加熱することによって、物理化学変化を起こし、味覚や食感、風味や、さらには健康性にも変化が生じるとされています。

おいしさLaboの研究テーマは「どうすればガスの効用(おいしさ、健康性)を最大限に引き出せるのか?」。それを見つけ出すことが、最大の研究目的です(・v・)

そんなおいしさLaboでは、ラボでの研究成果やおいしさをめぐるトピックスを、毎月ご紹介する「ラボレター」で公開中☆

記念すべき第1回のラボレターは「おいしさは、複合感覚」。
甘味・塩味などの味覚だけでなく、食べ物を噛んだときの食感、食べ物を口の中に入れたときに鼻に抜ける香り(風味)、さらには、視覚までもがおいしさに影響するというお話を、科学的に検証しています☆

ラボレターは毎月更新予定ですので、皆さまぜひご覧くださいね(*^▽^*)

>>「おいしさLabo」について詳しくはこちら

2013年12月5日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る