このページの本文へ移動します。

フードサイエンスラボラトリー

2013年4月、大阪ガス(株)エネルギー技術研究所内に「おいしさ・健康調理ラボラトリー」(現フードサイエンスラボラトリー)を設置しました。
食材をどのように加熱すれば、おいしさ&健康性を最大化できるのか?を見つけることを目的に研究しています。

フードサイエンスラボラトリー

おいしさLaboは、2018年4月からフードサイエンスラボラトリー【通称食ラボ】に名称が変わりました。
今後、HPを順次更新する予定です。

おいしさLabo(ラボ)へようこそ!

おいしさ・健康調理ラボラトリー(おいしさLabo)が対象とする”おいしさ”は、調味料・食品メーカーが求める素材の組み合わせや調味料による、おいしさではありません。
食材を加熱することで、糊化・糖化、タンパク分解などの物理化学変化を起こし、味覚や食感、風味さらには健康性にも変化が生じます。

おいしさLaboメンバーフードサイエンスラボラトリーメンバー

どのようにすればガスの効用(おいしさ、健康性)を最大限に引き出せるのか?それを見つけ出すことが、同ラボの研究目的です。

ラボレターでは、ラボでの研究成果やおいしさをめぐるトピックスをご紹介してまいりますので、どうぞお楽しみください。

ラボレターバックナンバー

更新情報

フードサイエンスラボラトリーへのご意見・ご感想はこちらまで

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

  • オープン・イノベーション 技術シーズの募集
このページのトップへ戻る