発電家1000人と大沢たかおさんとの共演CM撮影イベント 〜感動的な光のメロディー〜

発電家1000人と大沢たかおさんとの共演CM撮影イベント1

みなさん、最近、テレビで放映されている大阪ガスのCMをご覧になりましたか?

そう、1000人の発電家(※)と大沢たかおさんが共演している、あの幻想的なCMです☆

今回、大阪ガス通信編集部は、この独創的で大がかりな「1000人の発電家と大沢たかおさんCM共演」の舞台裏を取材してきました♪

発電家1000人と大沢たかおさんとの共演CM撮影イベント2

イベントは兵庫県神戸市の六甲アイランドにある「神戸ファッションマート」で6月に行なわれました。

このイベントには、「一人ひとりの力は小さくても、発電家の輪が広がれば日本のエネルギー問題や環境問題の解決に貢献できる」というメッセージが込められています(・v・)

そうした想いを「発電家の皆さんが一人ひとり光の音符を灯し、一つの大きな楽譜を創り上げる」ということで表現しています!

当日は、抽選で選ばれた約1000人の発電家が自宅のエネファームやエコウィル、太陽光発電で自家発電した電気を使って充電池を充電し、会場に持ち寄りました。これを照明付きの風船にセットし、音楽に合わせて光を灯していきます。

発電家1000人と大沢たかおさんとの共演CM撮影イベント3

「光の音符」を奏でる発電家の皆さんは、自分が担当する音符の位置に立ち、タイミングを合わせて光を灯します。

メロディーに合わせて、順に風船に光を灯すと、音符が“光のメロディー”となって五線譜に現れるというカラクリ。

撮影には、親子で参加している発電家も多く、チビッ子も多く参加していました!

長時間の撮影を頑張るチビッ子たちに、大沢さんが「頑張っているね、あと少しだよ。頑張ろうね」なんて声かけする場面も。うらやまし〜(*^▽^*)

発電家1000人と大沢たかおさんとの共演CM撮影イベント4

リハーサルが終わり、本番に突入!会場が緊張に包まれます…。

そして何度目かの通し本番のあと、ついに監督から「OK!」の声が! 長時間におよぶ緊張から解き放たれた安堵感と、一つの作品を1000人で協力し合って作り上げた充実感からか、「ワァーッ」という会場を揺らすような大きな歓声が沸き起こりました(>▽<)

その声は、しばらく止むことはありませんでした。

発電家1000人と大沢たかおさんとの共演CM撮影イベント5

「このCMをきっかけに、発電家の輪が広がることを願います」と大沢さん。 1000人が力を合わせて作ったこのCM。みんなで苦労して作った分、こんなメッセージ性の強いCMになりました。

私は撮影風景を見守っていただけですが、皆さんの一生懸命な姿に心を打たれ、CMを見るたびにそのときの感動がよみがえってきます。

>>テレビCM「光の楽譜」篇・Web版スペシャルムービーはこちら

※発電家とは、家庭用燃料電池「エネファーム」やガス発電・給湯暖房システム「エコウィル」、「太陽光発電」を使ってご自宅で電気をつくるお客さまを表現しています。

2013年7月1日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る