Daigasグループトピックス

宮崎県日向市に建設予定のバイオマス発電所の魅力とは?

宮崎県日向市に建設予定のバイオマス発電所の魅力とは?

今回は、地元産出の木質チップの活用や、非常時の近隣エリアへの電力供給といった地域共生による運営を目指して2024年11月に運転開始を予定している宮崎県日向市のバイオマス発電所についてご紹介します!

●地域共生型の事業運営
このたび大阪ガスは、伊藤忠商事さま、東京センチュリーさま、東京エネシスさまと共同で、宮崎県日向市に発電容量5万kWのバイオマス発電所を建設することを決定。
燃料の一部には大阪ガス子会社のグリーンパワーフュエルが長期的に供給する地元産出の木質チップを活用、燃料の荷揚・保管・輸送は日向市に本社を構える八興運輸さまにサポートいただくなど、地域の皆さまとの共生による事業運営を目指しています。

●非常時には近隣エリアに電力を供給!
大阪ガスは、本事業により発電される電力を自然災害などの非常時には近隣エリアの送電線に供給することで、しなやかな地域づくり(レジリエンス向上)に貢献できるよう検討を進めています。

●再エネ普及に向けたDaigasグループの展望
Daigasグループは2030年度までに、自社開発や保有に加えて、他社からの調達も含めて、国内外で500万kWの再エネ電源の普及に貢献するとともに、当社の国内電力事業における再エネ比率を50%程度にすることを目指し、今後もカーボンニュートラル実現に向けた取り組みを進めてまいります!

プレスリリース詳細はこちら

2021年4月21日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公式SNSアカウント

DaigasGroup facebook

DaigasGroup twitter

Daigasグループ

このページのトップへ戻る