料理の幅を広げるコンロ「クラスS」の新製品☆

料理の幅を広げるコンロ「クラスS」の新製品☆

大阪ガスは、さらに利便性を向上させ、料理の幅を広げるSiセンサーコンロ(ビルトインタイプ)の最上位クラス機種「クラスS」の新製品を、10月1日より販売開始します!

今回の新製品ではコンロとグリルをうまく使いこなすことで調理のバリエーションが増え、さらに手間も省ける機能を充実させました☆

Hシリーズでは、冷凍した食材を解凍から焼き上げまで一気に調理する「解凍焼き上げモード」や、手軽に燻製が楽しめる「燻製モード」などの4モードを新たにマルチグリルに搭載。 また、コンロ部分には、火加減を自動調節しながら食材をひっくり返すタイミングをお知らせする「焼サポートモード」などを採用しています。 Rシリーズでは、グリルだけでなくコンロでも使用可能な新調理容器「ザ・ココット」を付属し、コンロ部分での無水調理や煮物調理がオートで簡単に行えます☆

さらに、アプリをダウンロードしていただくことで、Bluetoothによるコンロとスマートフォンとの双方向通信が可能です。アプリには手軽に調理できるレシピを掲載しており、一部のレシピについては最適な設定をコンロに送信することができます!

これからも大阪ガスは、さらにお客さまの暮らしを便利にし、より安心して快適に過ごせる商品やサービスの開発に努めてまいります。

プレスリリースはこちら☆

2019年8月15日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る