エネルギーとともに、快適・安全の架け橋に☆

エネルギーとともに、快適・安全の架け橋に☆

Daigasグループの「エネアーク」は、関東・中部・関西にわたり約34万戸のお客さまにLPガスと電気をお届けしています。 2017年10月に、大阪ガスと伊藤忠エネクスが50%ずつ出資して、誕生しました!

「エネアーク」は、エネルギーをお届けするとともに、電気・ガス機器の販売や暮らしを快適にするさまざまなサービスを提供しています。 目指しているのは、お客さまにとって “一番身近で頼りになる総合エネルギー企業” であること。 会社名の 『アーク』 には、“架け橋” という意味があり、活力ある豊かな未来への “架け橋” になりたいという想いを込めています。

関東・中部・関西に広がる「エネアーク」ですが、今日は関西地区を担当する “エネアーク関西” から奈良支店のメンバー2名をご紹介します☆

営業担当の山上さんは、「ガス機器にトラブルがあった時など、“山上を呼ぼう” と気軽に声をかけてもらえるよう、訪問時はお客さまのご要望やお困りごとにしっかりと耳を傾け、全力でお応えしています」と笑顔をみせてくれました。 今日もコンロや給湯器のご提案やリフォームのお声がけなど、元気に街をまわっています!

そしてもう一人、保安担当の羽野さんは、ガスの開閉栓やガス設備の点検、メーター交換などお客さまの安全に密接に関わる業務を担当しています。「生活に欠かせないガス。 “当社を選んでよかった” と思っていただけるよう、お客さま一件一件の安全確保を最優先に努めています」と、こちらも頼もしい声を聞かせてくれました!

そんな二人が、Daigasグループの3つのマインドのなかで大切にしているのは『お客さま起点』。

「お客さまに安全でより良い生活をしていただけるよう、ひとつでも多くのお困りごとを解決していきたい」と営業の山上さん。 保安の羽野さんは「私の仕事は、プライベートな空間である家の中に入らせていただくので、お客さまが気持ちよく感じていただけるよう、立ち振る舞いはもちろん、誠心誠意の配慮を心掛けています。 そして、数あるガス会社から当社を選んでいただいたことをいつも忘れないようにしています」。

プライベートでは、山上さんは大阪ガスのバレーボール部に所属! また羽野さんは “友人と旅行や食事に出かけたり平凡な時間が大切” と、二人ともONとOFFを上手く切り替えて仕事へのパワーを養っているよう♪
「若手らしく支店を盛り上げたい!」と話す二人を周りのスタッフがにこやかに囲み、奈良支店のチーム力を感じる取材になりました☆

こうした思いを共にするスタッフが関東・中部・関西で活躍する「エネアーク」。 ますます多くのお客さまにLPガスをお届けできるよう日々頑張っています☆

これからも『大阪ガス通信』ではさまざまなフィールドでの事業紹介や、海外や関西以外でのグループ会社の取り組みなど「こんなとこにも!?」というグループの活動をお届けしてまいります☆ どうぞお楽しみに!

エネアーク

エネアーク関西

2019年5月6日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る