低炭素社会へ!京都初の移動式水素ステーション完成☆

低炭素社会へ!京都初の移動式水素ステーション完成☆

大阪ガスが京都市で建設を進めていた「上鳥羽水素ステーション」が完成しました! 京都府初の移動式水素ステーションで、3月30日のオープンを予定しています。
2月19日には竣工式を実施しました(^^)

当社が運用する水素ステーションとしては、昨年5月にオープンした「北大阪水素ステーション」に続き2カ所目です☆

「移動式水素ステーション」とは、水素を供給する設備を搭載したトレーラーを専用スペースに駐車して、水素を燃料電池自動車に販売するステーションのこと。都市ガスから水素を製造する装置「HYSERVE-300」を設置している「北大阪水素ステーション」より、トレーラーで「上鳥羽水素ステーション」まで水素を運搬し、供給します。

両ステーションを一体運用することで、より効率的な運用を目指しています!
大阪ガスは今後も「低炭素社会」の実現に貢献していきます。

プレスリリースはこちら

2016年3月3日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

タイにおけるバイオガス精製システム実用化プロジェクト

- こんなとこにもDaigasグループ - 関西の食文化を伝えたい--

実験集合住宅「NEXT21」電力個人間取引の実証試験を実施!☆

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る