このページの本文へ移動します。

プレスリリース

京都初となる移動式水素ステーション「上鳥羽水素ステーション」が完成

印刷する

2016年2月19日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、以下「大阪ガス」)が京都市で建設を進めていた水素ステーション「上鳥羽水素ステーション」が、このたび完成しました。これは、京都府で初めてとなる移動式の水素ステーションです。2016年3月30日の開所を予定しており、大阪ガスが運営する商用の水素ステーションとしては、北大阪水素ステーションに続き2ヵ所目となります。
 
 移動式水素ステーションは、水素を供給する設備を搭載したトレーラーを専用スペースに駐車して水素を燃料電池自動車に販売するステーションです。上鳥羽水素ステーションでは、都市ガスから水素を製造する装置「HYSERVE-300*1」を設置している北大阪水素ステーションで製造した水素を運搬し、移動式水素ステーションで供給します。北大阪水素ステーション(マザーステーション)と上鳥羽水素ステーション(ドーターステーション)を一体運用する「マザー&ドーター方式」を確立することで、北大阪水素ステーションの稼働率を向上し、より効率的な運用を目指していきます。
 
 なお、上鳥羽水素ステーションの建設にあたっては、経済産業省の「水素供給設備整備事業費補助金」の交付を受けています。
 
 大阪ガスは、今後も燃料電池自動車の普及に向けた水素供給インフラ設備の運営やコンパクト水素製造装置の開発を進め、低炭素社会の実現に貢献していきます。
 
上鳥羽水素ステーションの概要
  上鳥羽水素ステーションの概要 
 
*1   「HYSERVE」は大阪ガスの登録商標です。
*2   水素販売価格は諸条件により変更する場合があります。
    支払は各種クレジットカード決済のみです。
▲ページトップ
 
■マザー&ドーター方式
マザー&ドーター方式 
 
■上鳥羽水素ステーション全景
上鳥羽水素ステーション全景 
▲ページトップ
 
■上鳥羽水素ステーションの地図
上鳥羽水素ステーションの地図 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る