エネルギー供給の安定性向上に!三重から滋賀を結ぶ天然ガスパイプラインが開通!

エネルギー供給の安定性向上に!三重から滋賀を結ぶ天然ガスパイプラインが開通!

大阪ガスと中部電力さまが共同で建設を進めてきた、全長約60kmの天然ガスパイプライン「三重・滋賀ライン」が、1月30日(木)に全線開通しました!このパイプラインは、中部電力さまの四日市火力発電所と、大阪ガスの多賀ガバナステーションを結びます(・v・)

これにより、大阪ガスは中部電力さまからガスを受けることが可能となり、都市ガス供給の安定性向上が図れます。

中部電力さまは、発電用のガスを緊急的に必要とする場合に、大阪ガスから受けることが可能に。バックアップ体制が整備されるため、電力の供給信頼度が向上することとなります♪

大阪ガスは、今後もエネルギー供給の安定、保安の確保、サービスの向上に努めて参ります!

>>「三重・滋賀ライン」の開通について(プレスリリース)

2014年2月7日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る