大阪ガス都市開発の分譲マンション「シーンズ塚口」

大阪ガス都市開発の分譲マンション「シーンズ塚口」

Daigasグループの大阪ガス都市開発が開発した分譲マンション『シーンズ塚口』が、日本デザイン振興会主催の「2020年度グッドデザイン賞」を受賞しました!大阪ガス都市開発が主体となって開発したマンションでは、初の同賞受賞となり、大阪ガス都市開発としては5回目の受賞となります。

マンションブランド「SCENES(シーンズ)」は、“人生に感動する一邸を。” のブランドスローガンのもと、「お客さまが日々新たな歓びを実感し、暮らすほどに人生の素晴らしさに感動できる一邸」を目指して開発を行っています。

『シーンズ塚口』のコンセプトは、「Re:CONNECT(つながる)」。
開放性を向上させることで地域との交流を促し、人とまちとの “つながり” を創出。敷地内には、異なったテーマを持つ3つの庭(北庭・中庭・南庭)を配置し、豊かな自然に包まれながら、地域・世代を超えて触れあえる生活舞台を作りだしています。さらに、「エネファーム」をはじめとした創エネ機器を多数採用し、環境貢献とエネルギーの共有化を図り、防災への配慮とともに、安心・安全な未来と、次代の価値観に “つながり” ライフスタイルを追求した物件です。

これからも大阪ガス都市開発は、これからもお住まいの方の声や社会のニーズを取り入れ、住まいやすさを追求した街づくりに努めてまいります。

『SCENES(シーンズ)』について詳しくはこちら

『SCENES(シーンズ)』をご紹介した記事はこちら
理想の住まいづくりをご一緒に ― 『SCENES』誕生!

<グッドデザイン賞とは>
グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本最大のデザイン賞であり、対象となる製品・サービスについて、外見上の印象だけでなく、使い勝手や環境への配慮、社会への提案力など、さまざまな観点から審査が行われている。

シーンズ塚口敷地内の3つの庭

2020年10月7日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る