ベトナムの産業ガス製造・販売事業に参画

ベトナムの産業ガス製造・販売事業に参画

Daigasグループの大阪ガスリキッドは、シンガポールを拠点とするSing Swee Bee Group(以下、「SSBグループ」)の子会社SQC Investment Pte. Ltd.(以下、「SQC社」)と、出資契約を締結しました。

今後は、SQC社が保有するベトナムの産業ガス製造・販売会社Sing Industrial Gas Vietnam Company Limited(以下、「SIGVN社」)に大阪ガスリキッドの社員を派遣し、ベトナムにおける産業ガス製造・販売事業に参画します!

近年のベトナムは、目覚ましい経済発展を遂げ、主に燃焼防止のためのパージガス、食品の酸化防止(窒素)や、溶接、医療用ガス(酸素)などに用いられる産業ガスの市場規模は、2018年度には売上高ベースで6%の伸びを記録するなど、今後も大きな拡大が見込まれています。

大阪ガスリキッドは、SQC社への出資を通じ、将来的な空気分離プラント(※)の増設も見据え事業拡大を進めているSIGVN社に対し、国内で培った産業ガス製造に係るノウハウやスキルの提供、国内での顧客ネットワークを活用した日系顧客向けへの営業活動の展開など、技術・営業の両面で支援を行うことで事業拡大を目指します。

今後もDaigasグループは、産業ガス・天然ガス需要の伸びが期待される東南アジアを重点活動地域と位置付け、同地域を含めた海外エネルギー事業を拡大してまいります!

プレスリリースはこちらから

※空気分離プラント:空気を分離し、窒素・酸素などの産業ガスを製品として製造するプラント

Sing Industrial Gas Vietnam Company Limitedの本社工場(ビンズン省ベンカト市)

2020年6月19日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る