エネルギー分野で新たな関係会社を3社設立

エネルギー分野で新たな関係会社を3社設立

大阪ガスは、事業環境の変化に対応し、持続的に成長することを目的として、エネルギー分野における中心的役割を担う新たな関係会社(以下、「基盤会社」)を3社設立し、2020年4月から事業を開始します。

また、基盤会社の事業開始と合わせて、大阪ガスと関係会社の持つ強みを基盤会社に集約するとともに、大阪ガスの営業部門においても組織を変更し、お客さま起点でよりスピーディーな事業運営を目指します。

関係会社の設立および、当社組織の変更についてはプレスリリースをご覧ください。

プレスリリースはこちら

<基盤会社>
■大阪ガスマーケティング株式会社
ご家庭のお客さまに対するエネルギーや各種サービスの営業活動などを行うとともに、大阪ガス住宅設備が行っている機器販売事業およびリフォーム事業を、吸収分割により承継します。

■Daigasエナジー株式会社
業務用・産業用のお客さまに対するエネルギーや各種サービスの営業活動などを行うとともに、OGCTSを吸収合併し、同社の事業を承継します。

■Daigasガスアンドパワーソリューション株式会社
ガスの製造所や発電所におけるオペレーション&メンテナンス業務などを行うとともに、大阪ガスエンジニアリングとガスアンドパワーを吸収合併し、両社の事業を承継します。

2019年10月2日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る