大阪ガスが取り組む省エネプロジェクトが世界的に表彰されました☆

大阪ガスが取り組む省エネプロジェクトが世界的に表彰されました☆

三井化学株式会社さま、その100%子会社の大阪石油化学株式会社さま、大阪ガスが2010年10月から共同で運用している、エチレンプラントにおける大規模なLNG冷熱利用による省エネプロセスが、各国の優れた省エネ事例や技術を選出・表彰する「第1回 国際トップテン事業『省エネ優秀事例(Best Practice: BP)』」(主催:IPEEC(※1))に選出されました!

このプロセスでは、三井化学大阪工場内の「OPCエチレンプラント」へ、同工場に隣接する大阪ガス泉北製造所より-160℃のLNGを送り、冷熱を効率的に回収利用することで、大幅にエネルギー使用量を削減します。
「平成23年度省エネ大賞『経済産業大臣賞』」を受賞したこの省エネプロセスの導入により、OPCエチレンプラントで、原油換算13,000キロリットルの削減を実現しています!

今後も大阪ガスは、省エネプロジェクトに取り組んでまいります。

詳しくは大阪ガスウェブサイトのプレスリリースまで

(※1)IPEEC(国際省エネ協力パートナーシップ)は、急増するエネルギー需要やそれに伴う地球温暖化問題を背景に、省エネ促進の情報交換や政策の共有に向け、IEA(国際エネルギー機関)に加盟していない主要エネルギー消費国を省エネルギーの国際的な枠組みに組み込むことを目的に2009年発足しました。
 IPEEC加盟国:豪、欧州連合、伊、南ア、ブラジル、仏、日本、韓国、カナダ、独、メキシコ、英、中国、印、露、米

2016年9月5日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る