大阪ガスが配布している小学生向け教材「考える防災教室」が2万冊を超えました☆

大阪ガスが配布している小学生向け教材「考える防災教室」が2万冊を超えました☆

以前大阪ガス通信でご紹介した教材「考える防災教室」を覚えていらっしゃいますか?
大阪ガスが、小学生向け教材「考える防災教室」の配布を開始しました!
大阪ガスが小学校へ☆「防災」がテーマの特別授業「考える防災教室」を実施

「考える防災教室」は、大阪ガスが子どもたちに「防災」に関する知識を深めていただくことを目的に制作し、ご希望いただいた地域の学校へ無料で配布しています(*)。
2014年6月に開始した教材の配布数がこのたび累計2万冊を超え、授業等で活用いただいている学校数も、小学校から高校まで合わせて84校になりました☆

主に小学校5、6年生を対象としたこの教材は、自然災害について、写真・イラスト・マンガなどで分かりやすく解説するほか、防災の具体的なノウハウをクイズなどで学ぶ内容となっています☆
現在、発生が懸念されている南海トラフ巨大地震に備え、この教材が学校やご家庭で防災に取り組むきっかけとなればと考えます(・v・)

今後も大阪ガスでは、さまざまな活動を通じて、次世代の育成に努めてまいります。

「考える防災教室」のホームページはこちら

(*)当教材は、大阪ガスの都市ガスをご利用いただいている地域の学校へ配布するものです。個人のお客さま向けではございませんので、あらかじめご了承ください。

2015年3月13日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る