大阪モーターショーでスマートな未来の形を提案♪大阪ガスが特設ブース出展

大阪モーターショーでスマートな未来の形を提案♪大阪ガスが特設ブース出展1

昨年、12月20日(金)から23日(月・祝)の期間にインテックス大阪で開催された「第8回 大阪モーターショー」。この会場に、大阪ガス通信スタッフがいってきました!

今回取材に訪れたのは、特別企画「エコカーと暮らしの未来ゾーン」に設けられた、立命館大学デザイン科学研究センターDMLの特別展示ブース。ここでは、「豊かなまち・くらし」のあるべき姿を展示しています。
このブースに、大阪ガスも出展しました☆

当日は、家庭用燃料電池「エネファーム」と、太陽光発電を組み合わせた「ダブル発電」を、展示や映像を使って、分かりやすくご紹介しました!

大阪ガスは、省エネやCO2削減を推進する取り組みとして、「スマートエネルギーネットワーク」を提案しています。これは、エネファームなどの「ガスコージェネレーションシステム」と、再生可能エネルギー(太陽光発電など)をネットワークで結び、家同士や街全体で、電気と熱を融通し合う仕組みです。

大阪モーターショーでスマートな未来の形を提案♪大阪ガスが特設ブース出展2

期間中、大阪ガスのブースには、多くの皆さまにお集まりいただきました(*^▽^*)展示をご覧いただきました皆さま、本当にありがとうございました!

未来に向けてさまざまな技術が生まれ、私たちを取り巻く環境は「豊かなまち・くらし」を目指して少しずつ変わりつつあります。街や暮らしが豊かになるのに伴って、「心の豊かさ」も感じることができるというのが、理想的な未来の形ですよね(^^)

大阪ガスはこれからも、皆さまの豊かな暮らし、スマートな未来の実現に向けて、日々まい進して参ります♪

>>「スマートエネルギーネットワーク」について詳しくはこちら

2014年1月21日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る