Daigasグループトピックス

CO2削減量は年間約28万トン!「エネファーム」はどんどん進化しています

累計販売台数15万台達成

大阪ガスは、2021年9月9日に家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の累計販売台数15万台を達成しました!エネファーム15万台によるCO2削減量は、なんと杉の木約1,995万本の植林に相当!年間約28万トンのCO2削減になります。

◆普及拡大&高効率化に取り組み省エネ大賞などを受賞
大阪ガスでは、2009年6月にエネファームの販売を開始。2020年4月に発売した「エネファームtype S」は、世界最高水準の発電効率55%の達成に加え、耐久性の向上や本体の大幅な小型化を実現し、「2020年度 省エネ大賞」などを受賞しました。

◆いざというときに役立つ「停電時自立発電機能」
近年では、台風などの自然災害の増加もあり、停電発生時にも自立運転により発電の継続が可能な機種のニーズが向上。エネファームを新たに購入される既存住宅の約98%のお客さまが、停電時自立発電機能付きの機種を選ばれています。
将来的には、エネファームをエネルギーリソースとして、あたかも1つの発電所のように活用する「バーチャルパワープラント(仮想発電所)」を構築し、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの普及促進にも貢献していきます。

Daigasグループは、今後も低・脱炭素社会の実現に貢献し、暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指します!

プレスリリースはこちら

2021年9月16日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公式SNSアカウント

DaigasGroup facebook

DaigasGroup twitter

Daigasグループ

このページのトップへ戻る