Daigasグループトピックス

発生するCO2を実質的にゼロとみなせる液化天然ガス(カーボンニュートラルLNG)の導入を開始!

CNLNGを積んだLNG船

大阪ガスは、このたびShell Eastern Trading Pte Ltd(以下シェル)とカーボンニュートラルLNG(以下CNLNG)の取引に関する契約を締結。7月6日には、当社初めてのCNLNGを積んだLNG船が泉北製造所に到着しました!

◆カーボンニュートラルLNG(CNLNG)とは?
LNG(液化天然ガス)は都市ガスの主原料であり、海外で採掘した天然ガスを日本に運ぶために液化したもの。CNLNGは、天然ガスの採掘から都市ガスを消費するまでの全工程で発生するCO2を、環境保全プロジェクトなどによるCO2削減効果で相殺することで、発生するCO2を実質的にゼロとみなせるLNGです。

◆カーボンニュートラルな都市ガスの供給に向けて!
大阪ガスはDaigasエナジーを通じて、脱炭素の推進に取り組む法人のお客さま向けに、CNLNGを活用したカーボンニュートラルな都市ガスの申込受付を4月1日から開始しています。このたび初めて、法人のお客さま4社、大阪ガスが都市ガス・LNGの卸供給を行っている都市ガス事業者8社と、カーボンニュートラルな都市ガスやCNLNGを供給するための基本合意書を締結しました。8月1日から順次各社へ供給を開始する予定です。

Daigasグループは、今後もカーボンニュートラル実現に向けた技術・サービス開発を行い、暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループを目指してまいります。

プレスリリースはこちら

カーボンニュートラルな都市ガスの申込受付開始について

Daigasグループ カーボンニュートラルビジョン

2021年7月15日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公式SNSアカウント

DaigasGroup facebook

DaigasGroup twitter

Daigasグループ

このページのトップへ戻る