インドネシアで社会に貢献できるビジネスを!

インドネシアで社会に貢献できるビジネスを!

2018年10月に事業を開始したばかりの「大阪ガスインドネシア」は、シンガポール、タイに続き大阪ガスにとって3カ国目の東南アジア進出となります。 効率的なエネルギーの利用促進や、天然ガスを燃料とする設備導入の後押しなど、エネルギーサービス事業を基盤にインドネシア全土、そして東南アジアへ広がる事業展開を目指しています☆

「インドネシアでは “大阪ガス” と言っても、何をしている会社なのかわからない人がほとんど。 まずは大阪ガスを広く知ってもらい、核となる事業を育て、そして社会に貢献できる会社へと成長していくことが目標です」と、大阪ガスインドネシアで、アシスタントマネジャーとして働くラハマット・ユリアディさんは話します。 彼の仕事は、これから参入すべき事業を見極める市場調査や新規顧客獲得のための戦略策定、ビジネスのプラットフォーム構築、そしてスタッフの管理など多岐にわたります。

そんなユリアディさんが、Daigasグループの3つのマインドのなかで大切にしているのは『お客さま起点』と『誠心誠意・使命感』。
「この2つが揃ってこそ、日々お客さまに向き合い事業に取り組むなかで、新しいビジネスチャンスを形にすることができると信じています」と熱く語ります。

「発展途上国で事業を成し遂げるには、ビジネス環境やその国の規制、市場およびインフラ開発の動向など、文化の違いを把握した上で克服する課題がいくつもあります。 仕事上のプレッシャーはありますが、それを活力に変え、高い目標に到達するために、チームメンバーとの団結、お互いを思いやる気持ち、そして何より仕事を楽しむことを大切にしています」

プライベートについて聞くと「“ワーク・ライフ・バランス” をいつも心がけており、普段からストレスを溜めません。 仕事に打ち込むのはもちろん、家族との時間も大切にし、人生を明るく過ごしています」と語ってくれました!「私のモットーは “やらなければ、決してわからない” ですから」

これからも『大阪ガス通信』ではさまざまなフィールドでの事業紹介や、関西にとどまらず、海外や日本全国に広がるグループ会社の取り組みなど「こんなとこにも!?」というグループの活動をお届けしてまいります☆ どうぞお楽しみに!

[Conducting business that can contribute to society in Indonesia!]

PT Osaka Gas Indonesia newly launched into business in October 2018. In terms of Osaka Gas’s branching out into Southeast Asia, Indonesia represents the third country following Singapore and Thailand. PT Osaka Gas Indonesia aims to expand its business all over Indonesia, and to Southeast Asia, based on energy service business, including the enhancement of efficient energy use, and support for the introduction of facilities operating on natural gas.

“In Indonesia, most people do not know what Osaka Gas does. First of all, I strive to make Osaka Gas widely known. Subsequently, I want to nurture our core business and grow our company so that it can make a valuable contribution to society,” says Mr. Rachmat Yuliadi, Assistant Manager of PT Osaka Gas Indonesia. His tasks cover a wide range of activities, including market research to determine potential business segments, the formation of strategies for winning new customers, the development of a business platform, and staff management.

Among Daigas Group’s three guiding principles, Yuliadi places prime importance on “customer-oriented approach” and “wholeheartedness and sense of mission.”
“I believe that the combination of these two principles enables us to exploit new business opportunities while engaging in daily work in a customer-oriented manner,” he states enthusiastically.

“To achieve success in business in a developing country, there are many challenges to be overcome through a good understanding of social and cultural differences in business environments, regulations, and trends of the market and infrastructure development. It is true that I feel job-related pressure, but I convert it into energy. To achieve our higher-level goals, I attach much value to fostering a strong sense of teamwork, showing consideration for other people, and above all, enjoying my work.”

To a question about his private life, he answered: “I always keep work-life balance in mind. I don’t stress myself out. I of course do my job with heart and soul, but I also cherish my time with my family. I live a positive life because my motto in life is that you never know without doing.”

Osaka Gas Report will, as always, introduce Daigas Group’s activities around the world, including information about projects in various fields, and activities carried out by Group companies not only in the Kansai region but also all over Japan and overseas. Don’t miss out!

大阪ガスインドネシア / PT Osaka Gas Indonesia

OGインドネシアの様子

2019年6月27日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る