『生物多様性』に関する取り組みで大阪ガス都市開発がグッドデザイン賞に☆

『生物多様性』に関する取り組みで大阪ガス都市開発がグッドデザイン賞に☆

大阪ガスグループで都市開発事業を行っている大阪ガス都市開発が、2010年から継続的に取り組んできた『生物多様性』に関する環境への貢献がグッドデザイン賞を受賞しました!

大阪ガスは、さまざまなステークホルダーの皆さまにご協力いただき、自社の製造所などで生物多様性の取り組みを行っています。大阪ガス都市開発では、この取り組みをより多くのお客さまの目に触れる場所でも展開したいと考え、オフィスビルやマンションといった生活空間への導入を試み、継続してきました。

不動産開発に伴う緑地(例えば分譲マンション敷地内の庭など)には、
「地域に合わせた植生の緑地を形成し、生き物のすみかを作る」
「可能な限り、地域性種苗(※)の導入や絶滅危惧種の保全を図る」という考え方を導入しています。

また、樹種や取り組みを紹介する表示を設けるなど、建物を利用される方々が身近に生物多様性を体感できる仕組みにも取り組んできました。

大阪ガスグループはこれからも、環境に配慮した事業活動を継続してまいります!

詳しくはこちら
※PDFが開きます。(お使いの環境により、ご覧になれない場合がございます)

(※)地域の自然環境から得られる種子から育てた植物の種苗

2016年11月8日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

ノーベル化学賞受賞 吉野先生も提唱

- こんなとこにもDaigasグループ - 米国でもエネルギー事業を展開!

「イクボス宣言」への参加を表明しました

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る