ガス管継手「ネオジョイント」の発明が、「大阪優秀発明賞」で表彰されました!

ガス管継手「ネオジョイント」の発明が、「大阪優秀発明賞」で表彰されました!

皆さまのご家庭へのガス供給には、「ガス用ステンレス鋼フレキシブル管」(以下、フレキ管)というガス管を使用しています。大阪ガスは、フレキ管を配管する際に使用する、フレキ管継手「ネオジョイント」を開発し、2009年7月から導入してきました。

今回、「ネオジョイント」の発明に携わった発明者として、大阪ガスの商品技術開発部から2名が「平成25年度 大阪優秀発明賞 大阪発明奨励賞」(※)に選出され、1月29日(水)に授賞式で表彰されました!(*^▽^*)

従来のフレキ管継手は、フレキ管と接続する際に、工具によるナットの締め付け作業が不要で簡便に施工できる特長がありました。しかし、フレキ管が適正位置まで挿入されていない状態でも施工者が気づけない構造になっていたことや、挿入前のフレキ管に傷やへこみがないかなどを十分に目視確認する必要があり、課題となってました。

今回表彰された「ネオジョイント」は、フレキ管の谷部(凹部)にシールパッキンを配置する構造で、挿入前のフレキ管にへこみや傷などがある場合にもその影響を低減でき、安定性を向上しています。フレキ管を適正位置まで挿入しないと施工が完了しない設計になっているほか、ナットへの着色により、押し込み操作忘れも防止しています。

大阪ガスはこれからも、皆さまにガスを安全に届けることを第一に考え、日々製品の品質向上に努めて参ります!

>>ガス用ステンレスフレキシブル管用継手「ネオジョイント」について詳しくはこちら

(※)「大阪優秀発明賞」は、優れた発明を完成し、科学技術の発展に大きく功績した大阪府内の発明者(勤務先、住所などが大阪府内)を表彰するもので、昭和51年に創設されました。
昨年度からは、「大阪優秀発明大賞」部門と、中堅企業・中小企業を対象にした「大阪チャレンジ発明賞」部門が設立され、「大阪優秀発明表彰」として表彰が行われています。

2014年3月3日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る