大阪ガス通信

『つながるプロジェクト』開催中

『つながるプロジェクト』開催中

毎年多くのお客さまにご来場いただく「ガスてん」を今年はWEB上で「つながるガスてん」として開催中です!
今年の「つながるガスてん」に参加することが、地域でさまざまな困難を抱えた人たちを支えているNPO団体の応援にもつながっているって、ご存知でしたか?

「つながるガスてん」では、5つの社会課題の解決に取り組む10団体を応援する「つながるプロジェクト」を実施しています。

この「つながるプロジェクト」は、ガスてんの抽選者1名につき10円が、応援対象の団体に支援金として寄付されるというもの。1人でも多くの皆さまに参加いただければ、それが支援の現場で活躍する人々の応援につながります。

『つながるプロジェクト』はこちらから

本プロジェクトに参加いただいている団体は10団体。コロナウィルス感染拡大の中でも、日本で暮らす外国人や被災地で困っている人、病院に入院している子どもたちなど、さまざまな状況に置かれている人たちを支える活動を行っています。

今回、1人でも多くの方にNPO団体の取り組みに関心を持っていただけるよう、特設ページを新たに追加しました。約3分で10団体のことがわかるオリジナルムービーも初公開!
「世の中にはこんな困りごとがあるのか」「こういうことに寄付金は使われるのか」と、思わず一緒に応援したくなるムービーばかりなので、ぜひご覧ください!

さらに、本日は「つながるプロジェクト」に参加いただいている10団体の中から、5団体をご紹介。「ガスてん」の抽選に参加するだけで、団体の応援につながりますので、皆さまの参加お待ちしております!

■特定非営利活動法人災害救援レスキューアシスト
コロナウィルス感染防止の観点から、ボランティアが現地に入れない状況が増えるため、新しい挑戦を始めようと奮闘しています。

■ハタチ基金
2011年の東日本大震災以降、全国で地震・水害が頻繁に起こっているなかでも、東北で被災した子どもたちを20年間サポートし続けていきます。

■NPO法人子どもアドボカシーセンターOSAKA
「子どもの権利」を、大人にも子どもにも伝えていく大切な活動。コロナ禍で子どもたちがいる施設に行けないので、次なるアクションを考えています。

■NPO法人しぶたね
「家から出られない」「家族が入院する病院に入れない」と、きょうだいたちの不安が大きくなるなか、オンラインを使ったコミュニケーションに力を入れています。

■NPO法人えーる
親子で外遊びをすることを大事にしてきたもののコロナ禍でさまざまな活動が中止に。再開後は、新たな活動を進めています。

2020年11月12日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る