マレーシアで教育助成事業の贈呈式を実施☆

マレーシアで教育助成事業の贈呈式を実施☆

大阪ガス国際交流財団は、12月2日〜3日にマレーシアの助成先を訪問し、教育関連助成事業の贈呈式を行いました!
当財団は、1999年よりマレーシアへの教育関連の助成を行っております。 今年度は瀨戸口理事長と、住友専務理事が現地を訪問しました!

2日は、マレーシア教育省を訪問し、本年度の実施状況と来年度の事業内容についてお話を聞きました。 また、2月に実施予定の遠隔地の教師と小学生を対象とした、英語学習キャンプ「Ready To Read」参加者に向けたビデオメッセージの収録を行いました。 瀨戸口理事長は「英語を通じて、考え、コミュニケーションできる人になってほしい」とメッセージを伝えました。

翌3日訪問のサラワク大学では、研究助成対象の「エネルギー・地球環境分野」の6テーマについての研究発表と質疑が行われました。 さらに奨学生への授与式では、12名の対象者に奨学金支給証書を手渡しました。 奨学金は生徒たちの学業に大いに役立っているそうです。 瀨戸口理事長からは「日々の積み上げを大切にし、この奨学金を活用して学業に励んでほしい」と、激励の言葉を贈りました。 来年度も引き続き、奨学金や教育機材・大学の研究への助成を実施する予定です。

これからもDaigasグループは、教育助成を通じて人材育成に貢献するとともに、国際交流の促進を目指して活動してまいります!

それぞれの様子

2020年1月9日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る