― 1.17阪神・淡路大震災から24年 ― あの日の教訓を胸に安全対策に取り組みます

1.17阪神・淡路大震災から24年

1995年1月17日午前5時46分に発生した「阪神・淡路大震災」から、本日で24年になりました。

私たち大阪ガスは、あの時の体験を忘れず、教訓として胸に刻み、震災を知らない世代へ伝え引き継ぐとともに、東日本大震災や熊本地震などで得た新たな知見を蓄積してきました。 昨年6月に発生した大阪府北部地震ではこれまでの経験を活かしながら、全国のガス事業者さまの協力を得て早期復旧に取り組みました。

『 すべての備えは、安全のために 』―

当社はこれからも、皆さまの生活を支える強固なインフラを守り、いつ起こるか分からない災害に24時間365日、迅速に対応できるよう努めてまいります。

「大阪ガスの地震対策」について

2019年1月17日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る