児童養護施設の子どもたちにお菓子の贈り物☆

児童養護施設の子どもたちにお菓子の贈り物

今日はクリスマス♪ 大人も子どもも楽しみにしている12月の一大イベント! 皆さまはサンタさんに何をお願いしましたか?

Daigasグループでは、1981年から続くグループ従業員によるボランティア活動 “小さな灯” 運動のひとつとして、12月10日に大阪ガスクッキングスクールと協力し、児童養護施設の子どもたちに贈る『お菓子づくりボランティア』を開催しました!

当日、ボランティアの方とDaigasグループの従業員が協力して作ったのは、合計1,116人分の『サクサク♪ ひとくちラスク』! 出来上がったお菓子はクリスマスプレゼントとして、大阪ガスチャリティカレンダーと手作りぞうきんと一緒に、16カ所の児童養護施設と2団体のNPO法人に寄贈しました☆

児童施設に、鈴を鳴らしながらサンタクロースやトナカイが登場すると、子どもたちは「うわーっ!」と声をあげ、大きく手を振って喜んでくれました♪ また “お菓子のお礼に” と、雪だるまのメダルをプレゼントしてくれる子どもたちも♪

参加されたボランティアの方からは、「子どもたちのために協力できることをもっとやりたい」、「これからも何かできることがあれば、お手伝いしていきたい」などの感想が☆

Daigasグループは、“小さな灯” 運動を通し、これからも地域社会のさまざまな問題の解決に積極的に取り組んでまいります!

2018年12月25日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る