手作りクリスマススイーツを児童養護施設に寄贈しました☆

手作りクリスマススイーツを児童養護施設に寄贈しました☆

クッキングスクール淀屋橋で、12月2日(火)、お菓子作りボランティアを開催いたしました。

今回は48名のボランティアさんが参加。
児童養護施設の子どもたちに、クリスマスプレゼントとして贈るお菓子を作りました!

子どもたちに届けられたのは、これらの手作りお菓子と、メッセージカード、そして三菱鉛筆販売さまからご提供いただいたマジックペン。

寄贈先の施設さまからは、「このように子どもたちを見守ってくださってありがとうございます。子どもたちは、毎回このプレゼントを楽しみにしています」とお礼の言葉をいただきました(^▽^)

一方、ボランティアさんも、前回寄贈時のお礼の手紙を熱心に読んだり、子どもたちが描いた絵を写真に収めるなど、誰かに喜んでもらえる嬉しさを実感されていたようです。

【大阪ガス社会貢献活動Facebookページ】『お菓子作りボランティアを開催、2府4県14の児童養護施設に寄贈しました!
※外部サイトへ移動します。

◆「お菓子作りボランティア」とは、1981年から続く“小さな灯”運動主催の活動で、七夕とクリスマスに、ボランティアさんと大阪ガスグループ従業員がクッキーやミニケーキを作り、児童養護施設の子どもたちにプレゼントする活動です。

2014年12月18日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る