世界的株式指数の構成銘柄に初選定!大阪ガスグループの経営・情報開示の姿勢に評価

大阪ガスグループは、世界的な株式指数「国連グローバル・コンパクト(※)100株式指数」の構成銘柄に初めて選定されました!

当社グループは、企業の社会的責任を全うするための行動指針として2006年に「大阪ガスグループCSR憲章」を定めました。また、2007年には、日本の公益企業としては初めて「国連グローバル・コンパクト」への参加を表明し、社会や環境への取り組みに関する国際的原則の実現に取り組んでいます。

今回の選定は、当社グループの環境・社会・企業統治に配慮した経営、情報開示がグローバルレベルで評価されたものと考えています。

今後も大阪ガスグループは、持続可能な社会の実現に貢献し、積極的な情報開示を行いながら、皆さまに信頼していただける企業を目指して参ります!

「国連グローバル・コンパクト100株式指数」の構成銘柄に選定
     
(※)「国連グローバル・コンパクト」は、1999年の世界経済フォーラムで、コフィー・アナン事務総長(当時)が企業に対して提唱したイニシアチブ(原則)です。企業に対して、人権・労働・環境・腐敗防止に関する10原則を遵守し実践するよう要請しており、大阪ガスも支持を表明し、2008年に「大阪ガスグループ企業行動基準」(2000年制定)を国連グローバル・コンパクトに合致した内容に整備するなど、その推進に取り組んでいます。

2014年11月11日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る