今年で開業80周年!御堂筋とともに誕生した「ガスビル食堂」の歴史に迫る

今年で開業80周年!御堂筋とともに誕生した「ガスビル食堂」の歴史に迫る1

大阪のメインストリート、御堂筋に面して建つ、大阪ガスの本社ガスビル。皆さまは、ガスビルの8階にある「ガスビル食堂」をご存知ですか?

ガスビル食堂ができたのは、ガスビルの竣工と同じ昭和8年。なんと、今年で開業80周年を迎える伝統あるレストランなんです!
本日は、そんなガスビル食堂の歴史と、当時の歴史背景に迫ります(^^)

今年で開業80周年!御堂筋とともに誕生した「ガスビル食堂」の歴史に迫る2

ガスビル食堂が誕生した昭和8年は、大阪で初めて地下鉄が開通した年でもありました。
当時の地下鉄が繋いでいたのは、梅田から心斎橋間です。

当時、大阪で最も近代的で美しいビルと称されたガスビルの、8階に誕生したガスビル食堂は、本格欧風料理を提供し、大阪を代表するレストランとして市民の人気を集めました(・v・)

創業当時の人気メニューは、「チーズトースト、ポターヂ(ポタージュ)、チキン銀串焼、アイスクリーム、パン、コーヒー」のランチ。大好評で、ロビーいっぱいの行列ができました☆

東南のガラス窓からの展望も人気で、当時は、工事が続く御堂筋の向こうに大阪城や生駒山もよく見えていたんですよ(^^)

今年で開業80周年!御堂筋とともに誕生した「ガスビル食堂」の歴史に迫る3

昭和8年は、都市ガスが、ようやく便利な熱源として家庭に受け入れられ始めた頃でもありました。

最新のガス器具を揃えたガスビル食堂は、業務用厨房のショールームとして、ガスが開くモダンな近代都市生活や文化を伝えたいという、強いメッセージが込められていました。

今年で開業80周年!御堂筋とともに誕生した「ガスビル食堂」の歴史に迫る4

現在のガスビル食堂も、少しだけご紹介しましょう!

ランチタイムの人気メニューは、カレーライスやハンバーグ、ムーサカなど。
ムーサカとは、ギリシャの家庭料理に由来するメニューで、三代目料理長が本場の羊肉を牛肉に代え、創業当時から続く伝統のデミグラスソースとマッシュポテトでおしゃれにアレンジした料理です☆

フィレ肉と、トマト・ピーマン・ナスなどのお野菜は、コクのある特製デミグラスソースで煮込まれてとっても柔らか。まろやかな口当たりのマッシュポテトとの相性が抜群の一品です♪

ディナータイムは、コース料理が中心。優雅で落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりとした食事のひとときが楽しめます(^^)

「料理長のおまかせコース」では、旬の特選素材を使い、シェフが腕によりをかけたコース料理が堪能できますよ!
ガスビル食堂の伝統メニューについては、またの機会にご紹介します☆

そして現在、2014年1月19日(日)までの期間中、御堂筋の銀杏並木が鮮やかに彩られた「御堂筋イルミネーション2013」が開催されています(*^▽^*)

今年のクリスマスは、御堂筋でイルミネーションを楽しんでから、ガスビル食堂で素敵なディナーでもいかがですか?

ガスビル食堂はこれからも、御堂筋の移り変わる景色とともに、歴史を重ねていくことでしょう。

大阪ガスのホームページでは、ガスビル食堂の歴史をまとめた「ガスビル食堂物語」を掲載しています♪ぜひこちらもご覧くださいね!

>>「ガスビル食堂物語」はこちら

2013年12月3日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る