特徴的な住戸

住まいは未来へ向けて

特徴的な住戸 時代のニーズを先取りした住まい

NEXT21では、これからの住まいに求められる住宅について検討を続けています。
すべての住戸は、各々が個別のコンセプトに基づき、異なる設計者によって設計されました。
ここでは特に特徴的な住戸をご紹介します。

自在の家<住戸>を超える住まい

302・303住戸
在の家<住戸>を
超える住まい

共に暮らしたい人たちが、自在に住める家

5つの室空間が、住む人に合わせて自在に結合・独立し、ある時は一つの大きな家に、ある時は複数の中規模な家に、または5つのワンルームに、あるいは5つの室からなるシェアハウスに、と様々に変幻します。さらに室は、オフィスやサロン、教室、コミュニティスペースなど、広い用途に使うことができます。この家は、住む人に「世帯」か「個人」かを問いません。今、共に暮らしたい人たちが、自在に住める家です。

風香る舎(ウェルネスZEH)

503住戸 かぜかお(ウェルネスZEH)

木の空間で育まれる、
心身ともに健康で幸せな暮らし

省エネ性を叶えながらも、健康と快適性も実現したウェルネスZEH住宅です。
各所に無垢材などの自然素材を多く採用し、生活しながら木のぬくもりを感じられる空間に。室内に自然の風が流れ込むように設計したことで、中間期には快適に過ごすことができる住まいです。

プラスワンの家

501住戸 ラスワンの家

1つの空間をシェアする
1.5世帯の新しいマンションの暮らし

近年増加する「1.5世帯(夫婦+単身の子)」。ここではさまざまなカタチの1.5世帯が豊かな暮らしを叶えます。
両親と娘、夫婦と祖母、ときには夫婦と他人をも受け入れる「プラスワンの家」。メイン住戸とプラスワンルームの間にまっすぐ伸びる土間を挟むことにより、お互いのプライバシーに配慮しながらも、いつでもその存在を感じて過ごすことが可能です。

4G HOUSE

404住戸 4G HOUSE

4つの世代(Generation)、
4人の女性(Girls)が暮らす住まい

少人数の複数世帯が集いお互いを支え合いながらもそれぞれが自立した生活を送ることができる4G HOUSE。個々人がイキイキと永く暮らせる住まいのカタチを提案しています。
大きなテーブルを設けたダイニングで家族との時間を過ごすもよし、それぞれの個室で個人の時間を過ごすもよし。お互いを感じながら、自立した生活を営むことのできる住まいです。

余白に棲む家

305住戸 に棲む家

アクティビティを受け容れる住まいの余白

住まいの中には「室」が入れ子状に点在し、「余白」としての内土間と外土間を通じて「ウチとソト」を曖昧につなげました。
余白部分では光、風、緑、人の新たな共棲が芽生え、住まい手は「素のままで美しく暮らす」姿を現します。住まい手のプライバシーには配慮しつつも、住むだけで自然や他者との関係性がより深まっていくような住まいです。

過去の住戸

過去の住戸

改修により現在はありませんが、過去の特徴的な住戸をご紹介します。

・旧303住戸 自立家族の家
(1993〜2019)

全住戸の概要

全住戸の概要

現在ある全ての住戸をご紹介します。

このページのトップへ戻る