インドネシアで奨学金などの贈呈式を実施

インドネシアで奨学金などの贈呈式を実施

大阪ガス国際交流財団は、10月23日から11月2日の11日間に渡り、インドネシア8カ所を訪問。 奨学金や教育機材、研究助成金の贈呈式を行いました!

現地を訪れた、大阪ガス国際交流財団の住友専務理事は、「知識は何よりも大切な資産です。 奨学金や機材を有効に活用し、家庭や学校、地域、さらには国を引っ張っていく存在になってください」と、奨学生たちへの思いを伝えました。
また、奨学生たちとの意見交換も行い、助成に対する感謝の言葉をいただきました。

ボンタン地区で行った贈呈式では、生徒たちが民族舞踊を披露してくれました! また、今年は新たに、サマリンダ空港が開港し、これまでは立地の関係で訪問できていなかった大学でも贈呈式を実現することができました。 インドネシアへの助成事業は、来年も継続して実施いたします。

これからもDaigasグループは、東南アジアなどへの教育助成を通じて、国際交流の促進を目指して活動してまいります!

それぞれの様子

2019年11月18日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

どんな研修の要望にも納得のご提案を!研修企画のプロ

みんなのゆるネタ集合アプリ「ラムネ」をリリース

米国フリーポートLNGプロジェクトからのLNG船が泉北製造所に初入港!

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る