薄焼き卵がふんわり♪オムライス編

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

洋食の定番メニューであるオムライス! 簡単そうなのにいざ作ってみると、薄焼き卵が破れたり、ご飯がべちゃっとしたりと、見た目まで美しく仕上げるのは意外と難しいですよね。 そこで今回は、ちょっとしたコツでオムライスをぐっときれいに仕上げる方法をお届けします♪
さらに、美味しそうにみえる写真の撮り方もご紹介していますので、洋食店のようなきれいなオムライスを写真にもおさめてくださいね(*^▽^*)

<ケチャップライスの作り方のコツ☆>
1.具材を先に炒めてからケチャップと和える
2.水分を飛ばしたケチャップと具材を先に炒め合わせる
3.最後にご飯を加えて全体を混ぜ合わせ、パラパラに仕上げる

<卵の焼き方と包み方のコツ☆>
1.フライパンに油を多めに入れ、軽くジュッっと音が鳴るくらいの温度に温める(温めすぎに注意しましょう)
2.卵をフライパンに入れたら手早くかき混ぜ、半熟状態になったら火を止める(焦がさないように弱火から中火で)
3.へらを使い手前から卵半分をごはんに巻いて奥側へ移動させ、フライパンを返すようにしてお皿へ移す

<写真を撮るコツ☆>
●光を半逆光(時計でたとえると2時か10時の位置)から入るようにし、ツヤと立体感を出す!
半逆光で写真を撮るとソースに光が当たりツヤが出ます。 同時に、オムライスのふっくらした立体感を出すこともできます。
●料理をすべて写真に入れようとしない!
料理やお皿が画角からはみ出しても気にせず、思いっきり近づけて撮影してみましょう。 ボリューム感や質感が表現でき、インパクトのある美味しそうな写真が撮れます。
●料理に関係ないものは写さない!
余計なものが写りこんでしまうと、何の料理かわかりにくくなります。「これを撮りたい!」という主役となるメニューが画面の半分以上になるようにするとよいでしょう。

【材料 2人分】調理時間 約30分
(ケチャップライス)
・鶏モモ肉      100g
・タマネギ      1/2コ
・ピーマン      1コ
・トマトケチャップ  大さじ3
・ご飯        300g(約1合分)
・塩・コショウ    各適量
・サラダ       油適量
(薄焼き卵)
・卵         4コ
・牛乳        大さじ2
・塩         ひとつまみ
・サラダ油      大さじ1
(ソース)
・トマトケチャップ  大さじ4
・バター       20g
・水         20ml

2019年9月17日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る