「大阪ガスの電気」新規お申込みで 抽選で最大10,000円分もらえる!飲食店などで使えるデジタルチケットいっとくパスが必ずもらえるキャンペーン!期間2024年5月13日(月)〜7月31日(水)

Daigasグループトピックス

持続可能な社会を実現するために、今、私たちができること

持続可能な社会を実現するために、今、私たちができること

Daigasグループのエネルギー・文化研究所(通称CEL)が年2回発行する情報誌「CEL」。最新号のテーマは「持続可能な未来を考える」です。
次世代へ真に豊かな未来をつなぐため、私たちにできることは何か。地域社会や伝統産業の存続に向けた取り組み、環境に配慮した行動など、さまざまな事例を取り上げました。

◆私たち自身が変わることで、未来は変えられる−飛騨の森で学んだこと
☆インタビュー:林 千晶(実業家・飛騨の森でクマは踊る取締役会長)
持続可能な社会の実現に必要な視点とは何か。岐阜県の飛騨で木や地域の可能性に注目する実業家の林氏を訪ね、自然と人の共生を通じた、新しいサステナブルな価値創造のあり方や、私たちが考えるべき方向性についてお聞きしました。

◆半径1メートルから地球規模の環境汚染を考える−京大発、プラスチックの消費者意識チャート
☆インタビュー:浅利 美鈴(京都大学大学院地球環境学堂准教授)
プラスチックごみ問題を背景に注目が集まる、消費者のプラスチック製品に対する意識・行動の可視化ツール“プラ・イドチャート”。開発の背景やチャートから見えたものについて、京都大学の浅利氏に伺いました。

◆身近な“水”をきっかけに世界を変える−日本初の無料給水アプリ「mymizu」の可能性
☆インタビュー:マクティア マリコ(Social Innovation Japan代表理事)
無料給水スポットを簡単に探し出せるアプリ「mymizu」は、ペットボトルの削減をミッションに2019年のリリース以降、自治体や大手企業と協業するなど、多くの人を巻き込みながら事業を拡大。PJの立ち上げや活動に込めた思いを、マクティア氏にお聞きしました。

そのほか、伝統産業をリブランディングし、経済循環の起点とすべく独自の試みを続けるシーラカンス食堂の代表小林新也氏とCEL研究員の前田章雄氏の対談「地域に始まる持続可能性への途」や、新連載「『CEL』を振り返る」など、読み応えたっぷりの内容でお届けします!
下記のリンクから全ページ無料でご覧いただけますので、ぜひチェックしてくださいね。

情報誌「CEL」131号

2022年9月5日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テーマから記事を探す
 月別から記事を探す

公式SNSアカウント

Daigasグループトピックスfacebookページ

DaigasグループトピックスXアカウント