“物”より“心”。幸福感について考える「情報誌CEL 110号」を発刊しました

“物”より“心”。幸福感について考える「情報誌CEL 110号」を発刊しました

「大阪ガス エネルギー・文化研究所(CEL)」の所員や、社外の有識者が、毎回テーマに沿って論考を執筆する「情報誌CEL」の最新号、110号が発刊になりました☆
今回の特集テーマは「幸せな地域の暮らしをつくる」です。

近頃、日本では経済的な豊かさよりも心の豊かさを求める人が増えているといいます。
幸せの度合いを「幸福感」と表し、指数化する動きも始まっているのだとか。

それでは、幸福感を得るために世界はどんな取り組みを行っているのか。幸せな地域の暮らしについて考えるための10冊の書籍もご紹介します(・v・)

タブレット端末などをお持ちの方は、下記ページより「情報誌CEL一括ダウンロード」をすることで、電子書籍のように本誌を読んでいただくこともできます。ぜひお試しください♪

「情報誌CEL」は、バックナンバーも含め大阪ガスCELのホームページからダウンロードできますので、ご興味をお持ちの方はぜひアクセスしてみてくださいね!

「情報誌CEL Vol.110 幸せな地域の暮らしをつくる」について詳しくはこちら

2015年7月28日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る