宝塚歌劇の「CO2排出量ゼロ」に阪急電鉄さまと共同で取り組みます!

宝塚歌劇の「CO2排出量ゼロ」に阪急電鉄さまと共同で取り組みます!

阪急電鉄さまと大阪ガスは、9月26日(金)〜11月3日(月・祝)の期間に行われる宝塚大劇場全公演から排出されるCO2を、カーボン・オフセット(※)により“実質ゼロ”にします!

対象となるのは、宝塚大劇場月組公演のミュージカル「PUCK(パック)」と、ショー・ファンタジー「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」です(・v・)(写真:【右】月組トップスター 龍 真咲(りゅう まさき)さん、【左】愛希(まなき) れいかさん 月組公演「PUCK」より)

対象公演期間中のCO2排出量が“実質ゼロ”になるこの公演を、多くの皆さまにご観劇いただき、地球温暖化防止への関心を高めていただければと考えています!
本内容について詳しくは、プレスリリースからご確認いただけますので、チェックしてみてくださいね☆

>>阪急電鉄、大阪ガスは宝塚大劇場 月組公演「PUCK(パック)」「CRYSTAL TAKARAZUKA−イメージの結晶−」期間中に排出されるすべてのCO2をカーボン・オフセットにより “実質ゼロ” にして地球温暖化の防止に貢献します!(プレスリリース)

また、大阪ガスでは、当公演の10月5日(日)15:00公演分に、抽選で300組600名さまをご招待するチケットプレゼントを企画中!8月中旬頃から募集開始予定です(^^)

大阪ガスはこれからも、さまざまな企業と協力して環境負荷を低減する取り組みを行いながら、社会に貢献していきます!

(※)カーボンオフセットとは、家庭や企業から排出されるCO2などの温室効果ガス(カーボン)を、省エネ機器の導入・植林・森林保護といった温室効果ガスの削減活動に投資するなどして埋め合わせ(オフセット)するという考え方です。

2014年7月30日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る