大阪ガスが、小学生向け教材「考える防災教室」の配布を開始しました!

大阪ガスが、小学生向け教材「考える防災教室」の配布を開始しました!

大阪ガスでは、6月17日(火)から、小学生の子どもたちに「防災」に関する知識を深めていただくことを目的に、学習教材冊子「考える防災教室」の配布(※)を開始しました!

この教材は、主に小学校5、6年生が対象で、自然災害について写真・イラスト・マンガなどを使って分かりやすく解説しています。
そのほか、自然災害の発生でライフラインが突然止まってしまった場合に、身近なものを利用して災害を乗り切る方法などをクイズを使って考えることができる内容になっています!

いつ起こるか分からない災害に備え、「考える防災教室」が、学校やご家庭での防災に取り組むきっかけとなれば幸いです(・v・)
今後も大阪ガスグループでは、さまざまな活動を通じて、次世代の育成に努めて参ります!

無料配布には、お申し込みが必要です。お申し込み方法や、当教材について詳しくは、ホームページをご確認くださいね♪

>>「考える防災教室」のホームページはこちら

(※)当教材は、大阪ガスの都市ガスをご利用いただいている地域の小学校へ配布するものです。個人のお客さま向けではございませんので、あらかじめご了承ください。

2014年6月20日(金)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る