使用可能な廃棄予定毛布、約80枚を寄贈しました!

使用可能な廃棄予定毛布、約80枚を寄贈しました!

兵庫県芦屋市にある大阪ガスグループの研修施設「奥池ロッジ」では、宿泊棟で使用していた毛布約80枚を、ホームレス支援の活動を行っているNPO法人「Homedoor(ホームドア)」へ寄贈しました(・v・)

これは、毛布の入れ替えにあたり、「現状の毛布をなにかに役立てる方法はないか」と、Homedoorの理事長である川口加奈さまにご相談し、実現したものです。

今回お渡しした毛布は、Homedoorの方々が実施されている夜回り活動に、早速ご活用いただけたそうです♪また、それ以外の周辺の関係団体へもお配りいただき、幅広い場面で役立てていただく予定です。

詳細は、大阪ガスのホームページからもご確認いただけます。

>>使用可能な廃棄予定毛布約80枚を寄贈しました!

大阪ガスグループは、グループの保有する物的・知的財産を活用しながら、民間のNPOなどと協働して、社会課題の解決のために尽力して参ります!

2013年12月12日(木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

― Future Report ― -196度の低温粉砕技術

- こんなとこにもDaigasグループ - 水上太陽光発電で、地域のエネルギー自給を支援!

米国での液化天然ガス調達へ大きな第一歩! 米国テキサス州でLNG生産開始

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る