大阪ガスグループが、桜の苗木の植樹ボランティア「桜ライン311」に参加しました♪

大阪ガスグループが、桜の苗木の植樹ボランティア「桜ライン311」に参加しました♪

会計・金融・セキュリティなど、お客さまの課題をすばやく解決するためのソリューションを提供する、大阪ガスグループのさくら情報システム(株)が、岩手県陸前高田市にて桜の苗木を植えるボランティアに参加しました!

これは、特定非営利活動法人「桜ライン311」の活動に賛同し、実施したものです(・v・)

さくら情報システムでは、CSR活動の一環として、社内での使用電力削減によるCO2削減やPCのリサイクル活動などに取り組んでいます。

当日は、使用電力削減による効果(※)の一部、400,000円(桜の苗木80本分に相当)を、寄付金として寄贈しました♪
大阪ガスグループはこれからも、積極的に社会貢献活動に参加して参ります!

当日の様子は、大阪ガスホームページでも掲載しています♪

>>「桜ライン311」への寄付と植樹ボランティア

(※)使用電力削減量を、1kWhあたり1円として換算

◆「桜ライン311」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波の被害を風化させないために、陸前高田市内約170kmに渡る津波の到達ラインに10mおきに桜を植樹することで桜並木を作り、後世の人々に、津波の恐れがあるときにはその並木より上に避難するよう伝承していく活動を行っている特定非営利活動法人です。
2013年11月現在、約640本(6.4km)の桜が植えられています。

2013年12月10日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめピックアップ

ノーベル化学賞受賞 吉野先生も提唱

- こんなとこにもDaigasグループ - 米国でもエネルギー事業を展開!

「イクボス宣言」への参加を表明しました

公式SNSアカウント

このページのトップへ戻る