Daigasグループトピックス

情報誌「CEL」134号「ウォーカブルの本質を考える」

情報誌「CEL」134号「ウォーカブルの本質を考える」

大阪ガスネットワーク(株)エネルギー・文化研究所が発行している情報誌「CEL」。
最新号の特集テーマは「ウォーカブルの本質を考える」です。

ウォーカブルとは、まちなかを車中心から人中心へと転換し、歩いて楽しい、歩きたくなる空間を形成する新しいまちづくりのあり方です。

大阪のキタからミナミを貫く御堂筋。
都市計画・都市デザインの観点からウォーカブルなまちづくりに取り組む、大阪公立大学大学院教授の嘉名 光市さんに実際の取り組みや、その意義についてお話を伺いました。

▼他にも「ウォーカブル」に関連する記事を色々とご紹介しています。
・「 広場」を核にした、歩きたくなるまちづくり−富山「グランドプラザ」はなぜ成功したか
インタビュー:山下 裕子氏(ひと・ネットワーククリエイター/広場ニスト)

・ “ウォーカブル先進国”アメリカの現状と課題−ポートランド、シアトル、そしてニューヨークに見る
インタビュー:内田 奈芳美氏(埼玉大学人文社会科学研究科教授)

特集以外では、最終回となる「未来ブラリ」や、大阪の食に関するコラム「大阪の胃袋」、EXPO’70を振り返る「万博遺産」などの連載、研究員によるレポートなど盛りだくさんの内容でお届けします!

情報誌「CEL」134号

2024年3月4日(月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テーマから記事を探す
 月別から記事を探す

公式SNSアカウント

Daigasグループトピックスfacebookページ

DaigasグループトピックスXアカウント