Daigasグループトピックス

ガス給湯器・配管の凍結予防と凍結発生時の対処方法

ガス給湯器・配管の凍結予防と凍結発生時の対処方法

本格的な冬が到来し、各地で厳しい冷え込みが予想されています。給湯器・配管が凍結する可能性がありますので、あらかじめ予防と対策についてご確認ください。

■凍結防止機能について
ガス給湯器には「凍結防止機能(凍結予防ヒーターや凍結防止運転機能)」が搭載されています。外気温が一定以下になると自動作動するため、給湯器内部は凍結しにくくなっております。

※凍結防止運転中は、リモコンに雪の結晶や雪ダルマなどのマークが表示される場合や、給湯器のポンプが水を循環させる際の運転音(ウーンという音)がする場合がありますが、故障ではありませんのでご安心ください。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

給水・給湯配管など屋外の露出部は凍結してしまう恐れがありますので、ガス給湯器・配管の凍結予防方法と対処方法をお知らせします。

■凍結を防ぐには?
(手順1)
リモコンあり→ ●運転スイッチをオフにする
リモコンなし→ ●ガス給湯器のガス栓を閉める
(手順2)
●お湯の出る蛇口から1分間に約400mlの水(水の幅が約4mmになる状態)を流し続ける(混合水栓の場合はお湯側にしてください)。
※電源プラグは抜かないように注意してください!凍結予防ヒーターが作動しなくなります。

■万が一凍結した時は…
自然に溶けるのを待つか、以下の手順で解凍してください。
(手順1)
リモコンあり→ ●運転スイッチをオフにする
リモコンなし→ ●ガス給湯器のガス栓を閉める
(手順2)
お湯の出る蛇口を少し開き、凍った部分にタオルや布を巻いて、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてください。
※直接熱湯をかけると、水道管が破裂する恐れがあります。
※蛇口から水を流し続けていた方は、凍結が解消されると水が流れたままになりますので、蛇口をしっかり閉めておいてください。

大阪ガスWebサイトでも、凍結の予防・凍結してしまったときの対処法を詳しく掲載しています。
高齢のご家族やお一人で暮らされている方への注意喚起にも、ご協力をお願いいたします。

「凍結予防と凍結時の対処法」はこちら

2023年12月20日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テーマから記事を探す
 月別から記事を探す

公式SNSアカウント

Daigasグループトピックスfacebookページ

DaigasグループトピックスXアカウント