このページの本文へ移動します。

プレスリリース

業務用ガス客席ビルトインコンロ「フルフラットコンロ」シリーズの販売およびグッドデザイン賞の受賞について

印刷する

2012年10月1日
大阪ガス株式会社
国立大学法人京都工芸繊維大学
山岡金属工業株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕;以下、大阪ガス)、国立大学法人京都工芸繊維大学(学長:古山 正雄;以下、京都工繊大)および山岡金属工業株式会社(代表取締役:山岡 俊夫;以下、山岡金属工業)は、デザイン性とお手入れ性を追求した業務用ガス客席ビルトインコンロ『フルフラットコンロ』シリーズを共同で開発しました。
 このたび開発した『フルフラットコンロ』は、
TRIANGLE(トライアングル)』『HANA(ハナ)』の2種類です。『TRIANGLE』は2012年グッドデザイン賞を受賞いたしました。
 
 『TRIANGLE』は、従来の埋め込み式客席コンロを一新するメタルトップデザインの新しい客席コンロです。着脱可能な“ゴトク一体型バーナ”と機器内に収納可能な“ポップアップ式点火・立消安全装置ユニット”の採用により美味しさを演出するデザインを実現するとともに、バーナ取り外し時のフルフラット化によってお手入れ性を向上させました。
 『HANA』は、従来の埋め込み式客席コンロを深化させた新しい客席コンロです。シンプルな構造を徹底して追及したBowl(汁受け)と花のように中心部から咲き広がるゴトクを採用し、Bowlとゴトクを簡単に取り外し出来るようにすることで、美味しさを演出するデザインとお手入れ性の向上を実現させました。
 
 本開発は、2年前に京都工繊大から大阪ガスがデザイン提案を受け、基本デザインを京都工繊大が、製造を山岡金属工業が、商品化に向けた性能確認、技術協力を大阪ガスが担当することで新製品開発へとつなげました。
 
 美味しさだけでなく、佇まいにもこだわりを持つお店をターゲットに、山岡金属工業が2012年10月より販売を開始します。
  グッドデザイン賞は、1957年にスタートした、わが国で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。財団法人日本産業デザイン振興会が主催し、産業、文化、デザインなどの分野で優れた学識と知見を有する方々による「審議委員会」の助言と了解のもとに運営されています。
▲ページトップ
1.製品の特長
 
(1) TRIANGLE
I. 美味しさを演出するデザイン
   ステンレス製フラットメタルトップの上で、ゴトクと一体にデザインされたバーナから炎が灯され、よりいっそう美味しさを演出します。
  美味しさを演出するデザイン
II. お手入れ性
   新開発した着脱可能なゴトク一体型バーナと、機器内に収納可能なポップアップ式点火安全装置ユニットによりコンロを使用しないときにはフルフラットを実現。テーブルとしての使い勝手がよくお手入れも簡単です。
  お手入れ性
III. 安全性
   使用中にバーナの火が消えた場合、ガスを自動的に遮断する立消安全装置、並びに、バーナと点火装置が正しい位置に装着されていない状態では点火スパークを行なわないバーナ装着確認安全装置を標準装備。また製品本体は、一般財団法人日本ガス機器検査協会(以下、JIA)の認証を取得しております。
  安全性
▲ページトップ
(2) HANA
I. 美味しさを演出するデザイン
   シンプルさを徹底追及したBowl(汁受け)と中心部から咲き広がる花を連想させるゴトクの中心から炎が灯され、よりいっそう美味しさを演出します。また、オプションのフラットガラスキャップ(蓋)は、ゴトクを外すことなく取り付け可能です。
  美味しさを演出するデザイン
II. お手入れ性
   Bowl(汁受け)とゴトクは簡単に取り外すことが出来るのでお手入れが簡単です。
  お手入れ性
III. 安全性
   使用中にバーナの火が消えた場合、ガスを自動的に遮断する立消安全装置を標準装備。また製品本体は、JIAの認証を取得しております。
  安全性
▲ページトップ
2.製品外観
 
(1) TRIANGLE
  製品外観 TRIANGLE
   
(2) HANA
  製品外観 HANA
 
3.製品仕様
製品仕様
  上記仕様は燃焼機器の仕様で、テーブル(天板、脚など)は含まれません。
  HANAのフラットガラスキャップ(蓋)はオプションです。
 
<補足>山岡金属工業株式会社の概要
  本社 大阪府守口市東郷通2丁目7番30号
  社長 山岡 俊夫(やまおか としお)
  資本金 4,000万円
  設立 1960年6月1日
  事業内容 業務用調理機器の開発・製造・販売並びに付帯サービス
家庭用調理機器、環境対策機器、その他業務用機器の開発・製造・販売
 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る