このページの本文へ移動します。

プレスリリース

オージス総研グループでは、中国を拠点に地図情報システムの管理・運営受託を開始します

印刷する

2010年9月21日
大阪ガス株式会社
株式会社オージス総研

 大阪ガスグループの株式会社オージス総研(社長:平山 輝)とオージス総研グループの上海欧計斯軟件有限公司(本社:中華人民共和国上海市、英語名Shanghai Ogis TongHua Software Co.,LTD、以下SOT)は、ガス導管や水道管等の地下埋設物を中心とした地図情報システムの管理・運営を受託する「マップメンテナンスBPO※1サービス」を10月より中国を拠点に開始し、国内およびアジアの企業に提案してまいります。
  ※1   BPO(Business Process Outsourcing ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
企業などが業務の一部を、外部の専門業者に委託すること。コスト削減や業務品質の改善、経営資源のコア業務への集中、などのメリットがある。
 
 これに関連して、大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、導管地図メンテナンス業務の一部を、10月から株式会社オージス総研とSOTに移管いたします。
 
 オージス総研が平成15年に開発した、大阪ガスの導管地図情報システム「MAPシステム」は、大阪ガスの総延長58,600Kmの導管を地図上に表示・編集する機能を持ち、使い易さと応答性にすぐれており、約3000人の工事・保安業務従事者に利用されています。本システムは、アジア地域における唯一のGIS(地図情報システム)専門国際シンポジウム「Map Asia 2010」において、工程管理・支払い管理等の関連の業務システムとの密接なデータ連携による効率的なワークフローを実現していること等が高く評価され、優れた事例として表彰されました。
 
 従来、本システムの情報更新や追加などのメンテナンス業務は、高い専門スキル(地下埋設物に関する知識や図面を利用者が見やすい形に作り上げるためのノウハウ等)が必要とされることから、システムを保有する企業側が行ってきました。今回のBPOでは、それらの専門スキルをオージス総研グループのさくら情報システム株式会社(東京都港区)にて分析し、品質の定量化・可視化を行なうことで、SOTの人材を早期に高いレベルに育成することが出来ました。SOTは、高いセキュリティや人材育成のノウハウを活用し、そのメンテナンス業務を受託するサービスを上海を拠点に開始します。
 
 オージス総研グループは今後、「マップメンテナンスBPOサービス」を、国内およびアジアのユーティリティ企業(電気、ガス、水道)を中心に提案してまいります。
 
以  上
 
  報道関係の方のお問い合わせ先:    
    大阪ガス株式会社 広報部 報道チーム 電話:06(6205)4515  
  報道関係以外の方のお問い合わせ先:    
    株式会社オージス総研 ソリューション開発本部    
    グローバルビジネス推進部 または 計画部 電話:06(6584)4516  
      E-mail:info@ogis-ri.co.jp  
 
▲ページトップ
  参考資料  
 
オージス総研・SOTの「マップメンテナンスBPOサービス」について
 
 オージス総研グループは、大阪ガスからの業務移管の経験を活かし、地図情報メンテナンス業務を中心として、安全で高品質のBPOサービスを提供いたします。
 
【主な特徴】
  高度なセキュリティ体制(SOT)  
    高セキュリティルーム・・・指静脈認証による入退室管理、監視カメラでの録画  
    PC・・・指静脈認証により不正利用排除、記憶媒体や紙へのデータ出力不可能  
    中国版プライバシーマークPIPA(Privacy Information Protection Assessment)取得  
     
国際的に評価の高いオージス総研の情報システム技術を活用して、安全でスムー ズな日中間の連携を実現しています。
 
  信頼性の高い専門人材の育成による高い業務品質(SOT)  
    リーダー層は、地図情報メンテナンス業務の経験を持ち、日本語が堪能  
    オペレータ層は、地図情報システムに強い中国の専門学校と提携して採用  
    「シックスシグマ手法」を活用した業務品質の定量化・可視化による品質の担保  
  経験・実績を生かした関連業務・システムに対するコンサルティング(オージス総研・SOT)  
    BPOに適した安全性の高い情報システムや業務設計を提案  
    地図情報システムの活用および周辺システムとの連携による業務効率化の提案  
 
 SOTでは、50名のBPO部を7月に新設し、大阪ガスの業務を安定して遂行できる体制を整えました。SOTのオペレータは、ガス導管等の地下埋設物に関する専門知識を修得しており、独力で地図を見易く仕上げ、データ不整合を発見することが可能であるため、国内と同等の業務効率が期待できます。これにより、中国にスムーズに業務移管することができ、コストダウンを図ることが可能です。
 
 国内でのICTを活用したBPOの市場規模は、平成25年度に2兆円超と言われており※2、国外を含めると今後更なる拡大が見込まれています。オージス総研グループは、マップメンテナンスを中心として、幅広くBPOサービスを展開してまいります。
  ※2   出典= 株式会社矢野経済研究所 「BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果 2010」
 
▲ページトップ
 
■導管地図データ更新の流れ(概略イメージ)
 
■大阪ガスの導管地図情報システム(名称「MAPシステム」)の画面
大阪ガスの導管地図情報システム(名称「MAPシステム」)の画面
 
▲ページトップ
 
株式会社オージス総研 http://www.ogis-ri.co.jp/別窓で開きます
  代表者   代表取締役社長 平山 輝(ひらやま ひかる)
  設立   1983年6月29日
  資本金   4億円(大阪ガス株式会社100%出資)
  本社   大阪市西区千代崎
  事業内容   ソフトウェア開発、情報処理サービス、コンピューター機器・ソフトウェア販売
  概要    
   
大阪ガス株式会社の基幹システムの開発から運用までを一貫して提供しています。
オブジェクト指向開発やUML(統一モデリング言語)のパイオニアです。
持続可能なICTシステムを目指す百年アーキテクチャ、モデルベース開発を核として企業に新しいビジョンを提供し、現在は製造・金融・公益など全国で幅広い実績を有しています。
         
上海欧計斯軟件有限公司
  英語名   Shanghai Ogis TongHua Software Co.,LTD (SOT)
  代表者   董事長兼総経理 許 炎 (きょ えん)
  設立   2007年10月1日
  資本金   200万人民元 (株式会社オージス総研49%出資)
  本社   中華人民共和国上海市
  従業員数   100名(2010年8月1日現在)
  事業内容   コンピュータソフトの開発、設計、製作、メンテナンス、自社製品の販売、技術コンサルティング及び技術サービス
  概要    
   
日本語が堪能な人材(1・2級取得者)が約3割を占め、高品質のオフショア開発サービスを提供しています。
PIPA(中国版プライバシーマーク)を取得し、高度なセキュリティ管理を実践しています。PIPA取得コンサルティングも提供しています。
日本で定評のあるリスク・セキュリティ管理ソリューションを、中国で販売しています。
         
さくら情報システム株式会社 http://www.sakura-is.co.jp/別窓で開きます
  代表者   代表取締役社長 入江 昭彦(いりえ あきひこ)
  設立   1972年11月29日
  資本金   6億円(株式会社オージス総研51%出資)
  本社   東京都港区白金
  事業内容   ソフトウェア開発、情報処理サービス
  概要    
   
オージス総研グループ・三井住友銀行グループの情報システム会社です。
三井住友銀行グループのバンキングシステムを、開発から運用まで支えています。
様々な業種のお客さまの視点に立脚したシステム再構築などへの取り組みにより、金融、会計、HR(人事・給与)、セキュリティ、コソーシング(運用・アウトソーシング)を中心とした高い業務ノウハウおよびソリューション力を有しています。

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る