このページの本文へ移動します。

プレスリリース

大阪ガスグループにおける環境月間の取り組みについて

印刷する

2010年5月28日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、お客さまをはじめ、株主さま、社会、従業員などすべてのステークホルダーの価値を共に高めていく「価値創造の経営」を基本理念とし、この理念に基づき「大阪ガスグループのCSR憲章」を定めています。このCSR憲章では、環境保全はエネルギービジネスを中心に事業展開する当社グループにとって極めて重要な使命であり、環境との調和をはかり、エネルギーと資源の効率的利用を実現することにより、持続可能な社会の発展に貢献することが謳われています。6月から始まる環境月間において、当社グループでは以下のようなさまざまな取り組みを行ってまいります。
 
環境シンポジウムの開催
  ビジネスを通じて、環境問題への対応と社会貢献を共に実現していく取り組みとして注目される、「環境分野におけるソーシャルビジネス」をテーマにしたシンポジウムを6月1日(火) に開催します。
   
社員の環境意識向上に関する取り組み(生物多様性)
  当社グループでは、生物多様性方針を策定し製造所における希少種の導入等さまざまな取組みを実施しております。今回、生物多様性に関する知見の向上とその重要性の再確認を目的として、当社のグループ社員を対象とした講演会・ビオトープ見学会等を泉北製造所(大阪府堺市・高石市)および姫路製造所(兵庫県姫路市)において新たに開催します。
   
社員の環境意識向上に関する取り組み(家庭内の省エネ)
  家庭で使用するエネルギー量を自ら把握することで、環境行動への意識を高め、率先して省エネ行動を促すことを目的として日本ガス協会が作成した環境家計簿を当社グループの社員にも活用することで、各家庭におけるCO2排出削減に貢献します。
   
CO2削減/ライトダウンキャンペーン」への参加
  「地球温暖化防止への気づきにつなげるため、環境省が呼びかけている「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加します。当社グループの主要事業所において、6月21日(月)および7月7日(水)の午後8時から10時まで屋上社名ライトアップやショーウィンドーなどを消灯します。
 
 この他、各事業所・グループ会社においても、清掃活動や社員に対する啓発活動にも取り組みます。それぞれの取り組みの詳細は別紙をご参照ください。
 
 今後も大阪ガスグループは、環境保全活動や啓発活動をより充実し、更なる環境負荷低減および環境との調和に努めるなど企業の社会的責任を全ういたします。
 
  本件に関するお問い合わせ先:  
    大阪ガス株式会社CSR・環境部 企画チーム : 電話 06(6205)4605  
 
以  上
▲ページトップ
(参考資料)主な取り組みの内容
環境シンポジム
 
日  時 6月1日(火) 15:30〜17:30
場  所 大阪ガス本社 ガスビル3Fホール
基調講演 「環境とソーシャルビジネス」
    社会福祉法人 恩賜財団済生会理事長 炭谷 茂氏
特別講演 「自然の恵みを明日へ!」
     -アサヒビール(株) 理事 社会環境推進部長 竹田 義信氏
事例紹介 「パソコンリユースを軸とした社会貢献活動(はじまるくん)」
     -(株)オージス総研 執行役員 PCR部長 西辻 茂氏
   
社員の環境意識向上に関する取り組み(生物多様性)
  1.6月16日(水) 姫路製造所
 
対 象 大阪ガスグループ社員
見学会 (1)希少種生育状況の確認
    (2)ビオトープ見学
    (3)海浜植物(ハマヒルガオ)の移植
講演会 「企業の生物多様性への取り組み」
     -兵庫県立 人と自然の博物館 自然・環境再生研究部長 服部 保氏
    「姫路製造所の緑地改善と生物多様性活動の取り組み評価結果について」
     -(株)環境アセスメントセンター 敦賀事務所長 関岡 裕明氏
   
  2.6月25日(金)泉北製造所
 
対 象 大阪ガスグループ社員
見学会 (1)構内緑地
    (2)ガス製造所・発電所施設
講演会 「泉北製造所の緑地管理における生物多様性活動の取り組み」
     -(株)環境アセスメントセンター 敦賀事務所長 関岡 裕明氏
    「ビジネスと生物多様性の関連性」
     -国際日本文化研究センター教授 安田 喜憲氏
   
社員の環境意識向上に関する取り組み(家庭内の省エネ)
  社員が、職場だけでなく家庭でも高い環境意識を持って省エネ行動に意欲的に取り組めるよう、今年6月に日本ガス協会のホームページに「環境家計簿」がリリースされます。本環境家計簿では、家庭で使用するエネルギーで発生するCO2排出量を把握するだけでなく、具体的な省エネ行動を学び、その行動を行うことによるCO2削減量を知ることができます。

詳細はこちらへ (110KB)

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る