このページの本文へ移動します。

プレスリリース

デザインを一新し空気浄化機能に「ナノイー」を新たに採用したガスファンヒーターを発売

印刷する

2014年4月23日
東京ガス株式会社
大阪ガス株式会社
東邦ガス株式会社
株式会社ノーリツ

 東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)、大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕、以下「大阪ガス」)、東邦ガス株式会社(社長:安井 香一、以下「東邦ガス」)、株式会社ノーリツ(社長:國井 総一郎、以下「ノーリツ」)は、デザインを一新し、空気浄化機能に「ナノイー」※を新たに採用したガスファンヒーターの新製品(以下、「新製品」)を発売します。(東京ガスは8月11日、大阪ガスは8月1日、東邦ガスは7月21日、ノーリツは8月1日)
 
  ガスファンヒーターは、スイッチを押して5秒で温風が出る速暖性や高い暖房能力が特長で、操作性、デザイン性、安全性などにも優れています。発売開始以来、お客さまから高い評価をいただき、2000年度以降全国で約805万台を販売しています。(日本ガス石油機器工業会調べ)
 
  新製品では、フロントパネルにカラーステンレスを採用し、スタイリッシュなデザインに一新しました。また、空気浄化機能にパナソニック製「ナノイー」を新たに採用しました。加えて、本体質量を軽量化することで持ち運びしやすくするとともに、急激な温風や運転音の上昇を抑える「パワーセーブ運転」により快適性を向上しました。
なお、合わせて、軽量化した新型のスタンダードタイプも同時に発売します。
 
 4社は新製品の普及を通じて、お客さまの更なる快適な生活の実現に貢献してまいります。
 
<新製品外観>
新製品外観 
▲ページトップ
<新製品の特長>
(1)直線を基調としたスタイリッシュなデザインに一新
 「スタイリッシュ&スリム」をコンセプトに、直線を基調として側面を絞りこみ薄く見えるデザインに仕上げました。フロントパネルをカラーステンレスに変更、スタイリッシュで高級感あるデザインです。
カラーはステンレスの質感を生かした3色をラインアップ。また、操作部をフラットにして、光る操作スイッチを採用することで、視認性とデザイン性を両立しました。
 
(2)空気浄化機能、パナソニック製「ナノイー」を新たに採用
パナソニック製の「ナノイー」を新たに採用しました。
「ナノイー」とは、空気中の水分から生み出される微粒子イオンです。(詳細は参考を参照)
 
(3)本体質量を約20%軽量化。設定温度幅を拡大することで、快適性が向上
 材質の変更と構造の改良で、本体質量を約20%削減し、持ち運びを容易にしました。また、設定室温の範囲を12〜26℃(従来:16〜26℃)に広げ、よりきめ細かな設定を可能にしました。
 
(4)パワーセーブ運転で快適性も向上
 換気やお部屋の出入りなどによる急激な温度変化があった際に、従来よりも穏やかに温風を吹き出します。これにより、運転音も静かになり快適性が向上します。
 
(その他)
軽量化したスタンダードタイプも発売
 白を基調とした清潔感あるデザインを採用するとともに、スイッチの面積を約30%大きくし、レイアウトを見直すことで、操作性を向上しました。また、本体質量を従来機種より約10%軽量化を実現し、持ち運びを容易にしました。
スタンダードタイプ 
スタンダードタイプ
※「nanoe」、「ナノイー」及び「ナノイー」マークは、パナソニック株式会社の商標です。
▲ページトップ
<以下、ご参考>
<新製品の主な特長>(現行品との比較)
<新製品の主な特長>(現行品との比較) 
 
<「ナノイー」技術とは>
「ナノイー」  「ナノイー」技術 (「ナノイー」デバイスの検証結果です)
■花粉やダニなどのアレル物質※1を抑制
■空気中のカビ菌※2を抑制
   
水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」  水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」
「ナノイー」は空気中の水分から生みだされる微粒子イオン。一般的なイオンと比べて約6倍※3長持ちで、広範囲に届きます。また、水分量はマイナスイオンの約1000倍※4(体積比)以上。カビ菌※2やアレル物質※1など目に見えない小さな不快の原因を抑制する力があります。お肌と同じ弱酸性で、人に優しいイオンです。
 
花粉やダニなどのアレル物質※1を抑制
ダニのフンや死がい、ハウスダストなどのアレル物質※1の抑制に、「ナノイー」は効果的です。衣類や髪に付着してお部屋に入り込んだ花粉※1も抑制。つらい季節の空気をケアします。
 
アレル物質※1抑制のメカニズム(イメージ図)
「ナノイー」が的確にアレル物質(花粉)※1に届き    OHラジカルがアレル物質※1のタンパク質を変性    アレル物質※1を抑制 
「ナノイー」が的確にアレル物質
(花粉)※1に届き
  OHラジカルがアレル物質※1
タンパク質を変性
  アレル物質※1を抑制
 
1
  【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター【試験方法】23m3の試験室内で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」発生装置を運転【対象】付着した花粉のアレル物質 【試験結果】8時間で88%以上抑制 BAA33-130402-F01【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター 【試験方法】45L試験空間で直接曝露しELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」発生装置を運転 【対象】アレル物質(ダニ)【試験結果】2時間で98%以上抑制 E02-080204IN-02
   
2
  【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】23m3の試験室内で布に付着させたカビ菌で確認
【抑制の方法】 「ナノイー」発生装置を運転【対象】付着したカビ菌(ススカビ) 【試験結果】8時間で効果確認 第13044083002-01号
   
3
  空気イオンとの比較【一般的な空気イオンの寿命】数十秒〜100秒【ナノイーの寿命】約600秒
   
4
  一般的な空気イオン(代表的な粒子系:1.3nm)とナノイー(代表的な粒子系:13nm)との比較による
▲ページトップ
<仕様・価格>
■大阪ガス
・新製品
<仕様・価格>大阪ガス      
▲ページトップ
・新製品(スタンダードタイプ)
<仕様・価格>新製品(スタンダードタイプ)    
  大阪ガスの場合。東京ガス、東邦ガス、ノーリツについては、品名や希望小売価格が異なります。
 
 
以上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る