このページの本文へ移動します。

プレスリリース

大型マイコンメーターの性能低下に伴う「ガス漏えい検査」の実施について

印刷する

2010年9月24日
大阪ガス株式会社

 大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、他ガス事業者2社とメーターメーカー会社5社で、主に業務用のお客さまに設置している「大型マイコンメーター*1(25号〜120号)」を共同開発し、平成8年4月に採用しておりますが、このたび、メーターメーカーから、同大型マイコンメーターが経年により「内管漏えい警報機能*2」の性能が低下する恐れがある旨の連絡を受けました。
 
 同マイコンメーターは、「内管漏えい警報機能*2」を装備しており、この機能の性能が法令の規定を満たす場合は、法令により実施が定められている定期的(40月に1回以上)な「ガス漏えい検査」を省略できることになっております。弊社では、同マイコンメーターが設置されている約4万5千件(台)のお客さまのうち、約4万4千件(台)のお客さまにつきましては、3年に1度の定期保安点検時に「ガス漏えい検査」を実施しております。しかしながらこのたび、経年による部品の変形により「内管漏えい警報機能」の性能が低下する恐れのあることが判明したため、これまでに定期的な「ガス漏えい検査」を省略してきた約1千件(台)のお客さまにつきまして、下記のとおり「ガス漏えい検査」を実施させていただくと共に、今後は3年に1度ガス漏洩検査を実施させていただく運用に変更させていただきます。
 
 なお、現在お客さま宅で使用中の大型マイコンメーターに当該の事象が発生した場合でも、法令に定められているマイコンメーターの安全機能につきましては正常に機能しております。また、計量法に基づくガスの計量性能につきましても基準内となっており、継続しての使用にあたり問題のないことを確認しております。
 
 弊社といたしましては、このたびの事態が生じましたことを重く受け止めており、お客さまには、大変なご心配ならびにご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。また今後、同様の事象が発生しないよう、再発の防止に努めてまいります。
 何卒、ご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
  *1   「大型マイコンメーター」
      主に業務用として学校や飲食店等に設置されている容量の大きなメーターです。
  *2   「内管漏えい警報機能」
      30日間連続して微量なガスの流れが認められる場合にガス漏れの疑いありとして警報ランプを点滅させる機能です
▲ページトップ
 
1. 対象となるお客さまと件数
 
(1)対象件数 ・・・ 1,087件(台)
(2)対象のお客さま ・・・ 大型マイコンメーター(25号〜40号*3)を設置していて前回の定期保安点検時に「ガス漏えい検査」を実施していないお客さま。
 
*3   50号〜120号のお客さまは全て前回の定期保安点検時に「ガス漏えい検査」実施済
   
2. 判明した経緯について
 平成21年12月にガスメーターの使用年限延長の評価を目的に、計量機能の経年性能を調べる一環として、合わせて内管漏えい警報機能の評価をメーターメーカー1社へ依頼したところ、お客さま宅から検定満了(7年)に伴って回収した大型マイコンメーターの一部に内管漏えい警報機能の低下の連絡を受けました。そのため、全てのメーターメーカーに調査依頼したところ、平成22年3月に各社とも同様の事象が確認された旨の連絡を受けました。
   
3. 背景ならびに原因について
  (1)大型マイコンメーターについて
   25号以上の大型マイコンメーターについては、ガス事業法によるマイコン機能の搭載義務はありませんが、弊社はお客さまに安心して安全にガスをご使用いただくため、メーターメーカーと共同開発した同マイコンメーターを平成8年4月以降から設置し、現在、約4万5千件(台)設置しております。
  (2)「ガス漏えい検査」が実施されなかった原因について
   大型マイコンメーターは、(財)日本ガス機器検査協会(JIA)の認証により、「適切な漏えい検知装置」と認定されていることから、定期保安点検時に行う「ガス漏えい検査」を省略できることが法令で定められております。しかし、経年により変形することで「内管漏えい警報機能」の性能が低下し、「適切な漏えい検知装置」として適合しなくなることを製造メーカーから連絡を受けました。その結果、一部のお客さまにつきまして、定期保安点検時の「ガス漏えい検査」が適正に行われていないことが判明いたしました。
   
4. 「内管漏えい警報機能」の性能が低下するメカニズムについて
 メーター内部にある計量室にガスを導く装置の稼動部と固定部に、極めて微細な歪みや磨耗によってわずかな隙間(数十ミクロン)が生じ、その隙間から一部の微量なガスが計量室を経ずに直接配管側へ流れ込むことが判明しました。
 一方、「内管漏えい警報機能」は規定された最少検知ガス流量以上のガスが、30日間連続して計量室を経て配管側に流れた場合に警報ランプを点滅させるシステムです。
 このたびの事象は、計量室を経たガスに加えて、装置の隙間から計量室を経ずに流れたガスも一緒に配管側に流れているため、結果的に、規定された最少検知流量よりも多くのガス流量で警報ランプが点滅することになってしまうものです。
 
 以上のことから、「内管漏えい警報機能」の性能が低下していることになり、「適切な漏えい検知装置」として適合しなくなるものです。
▲ページトップ
 
5. お客さまへのお知らせ
 対象のお客さまが全て特定されていることから、対象のお客さまに対して個別に連絡または訪問を行い、速やかに「ガス漏えい検査」を実施させていただきます。
 また当社のインターネットホームページ<http://www.osakagas.co.jp/別窓で開きます>にも掲載します。
   
6. 「ガス漏えい検査」内容
 対象のお客さまに事前に連絡したうえで、弊社指定の工事会社作業員が順次訪問し、「ガス漏えい検査」を実施してまいります。
 
(1)検査内容・・・ ガス漏れ有無の点検を行ないます。
作業中はガスを止めさせて頂きます。
(2)検査時間・・・ 約30分〜1時間
   
7. お客さまのお問合せ先
 
(1)フリーダイヤル   0120‐0‐94817
(2)受付開始日   9月24日(金)
(3)受付時間  
平日 9:00〜19:00
日・祝日 9:00〜17:00
▲ページトップ
 
  別紙  
 
大型マイコンメーター
大型マイコンメーター  大型マイコンメーターには25号から120号まであります。大阪ガスでは、アパートや寮などの家庭用と商業用の一部に設置されている25号〜40号のメーターをお使いのお客さまでは、「内管監視漏えい警報機能」を3年に1度の漏えい検査代替に利用しています。
*50号以上および業務用途のお客さまにつきましては、同機能を利用しておらず、定期的に漏えい検査を実施しています。
 
対象メーターの識別方法は下記の(1)または(2)の一部です。
 
(1) ホワイト色のメーター
  ホワイト色のメーター:メーター正面下部のシール表示の赤丸部の文字が下記のいずれかのもの「M25G」「M25GP」「M30G」「M30GP」「M40G」「M40GP」
   
(2) 若草色のメーター
  若草色のメーター:メーター正面下部の金属板表示部の赤丸部の文字が下記のいずれかのもの「M30G」「M30GP」
 
以  上

ページトップ

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

お問い合わせ

プレスリリースの内容に関するお問い合わせや取材等のお申し込みは、リリースに記載のお問い合わせ先、またはお問い合わせフォームからお願いいたします。

RSSについて
  • ※推奨環境:Internet Explorer 7以上、Firefox2.0以上

購読する

このページのトップへ戻る